2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

中央大学
理工学部

no image

写真

小口幹太くん

東進ハイスクール南浦和校

出身校: 浦和実業学園高等学校

東進入学時期: 高1・7月

この体験記の関連キーワード

細かい目標と継続の重要さ

 私が東進ハイスクールに入学したのは、一年生の夏ごろでした。
当時、学校の定期考査の点数が悪く親に進められて入学しました。入学してすぐは、モチベーションが続かず、勉強もサボりがちでしたが、担任の先生から「東進に入学した意味について」聞かれて改心し一年生の冬頃から毎日登校を始めました。

私の考える東進ハイスクールの良いところは、東進は映像の授業だということです。これは早期学習に一役かっていて自分のペースを作ることが出来るし早く進められます。また、再受講が出来るので私はスタンダード化学に関しては全て再受講し短い時間で飛躍的に成績を伸ばすことができ、得意教科にすることが出来ました。

加えて、校舎が毎日開いていて担任助手の方たちが、いつも相談に乗ってくれるので辛いことも乗り越えられたし勉強の工夫の仕方も多く教えてもらいました。工夫の例としては、私は二年生初めから手帳を使って自分の勉強の管理をしました。志望大学に必要な学力を、小さな目標を立てることで細分化し順に達成していきました。

また、電車や学校の空き時間に高速マスター講座を使って単語を覚えたり、テキストの復習をしたりしました。それらを続けた結果が私の学力を大幅にUPさせたのだと思います。

今、受験勉強を終えてみて深く感じるのは、周りの人への感謝の気持ちです。受験は最後テストを受けるときは確かに1人です。しかしそこまでは多くの人々に支えられて団体で戦っていること、感謝の気持ちを忘れないでください。
これから受験を迎える皆さんを応援しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

とても親身になってくれて、どんな時も助けてくれました。
勉強のこと以外にも大切なことを教えてくれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

大学合格基礎力判定テスト

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

結果が他の模試よりも詳しく、復習教材もついてくるので復習がしやすいです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

No

Q
東進を知ったきっかけ
A.

駅のポスター

Q
東進を選んだ理由
A.

映像授業の良さに惹かれたからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

私はグループ長だったので、人の動かし方ややる気にさせる方法を教えてもらえたことが良かったです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習


高速基礎マスター講座
隙間時間にもやりやすいと思います。またスマートフォンでもできるためとても便利です。

担任指導
人生を変えてくれました。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード化学 有機化学 】
繰り返すことで化学が確実に得点できるようになります。

【 今井宏のB組・英語実力アップ教室 】
長文の読み方、音読の大切さがわかる講座です。

【 受験数学Ⅲ(応用) 】
入試で頻出の問題を分かりやすく教えてくれます。

 中央大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 12

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のB組・英語実力アップ教室

「確実で速い問題の解き方」を、わかりやすく

文法などの基礎はだいたい理解できているけれど、長文読解に不安が残り、模試の成績が思うように上がらず焦っている受験生が対象です。長文読解問題を毎回1問徹底解説し、スピーディで正確な解き方を身につけていきます。「模試になると、どうしても時間が足りなくて……」と悩んでいる皆さんのために、長文読解の基礎完成を目指し、残った時間で整序英作文・文法語法問題・会話体問題なども強化していきます。地元国公立大学・明青立法中・学習院・関関同立などを志望する高3生の「エンド講座」に最適。高い目標を持つ高2生にもオススメです。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター85%以上を目標とし、長文読解での得点向上を目指す生徒

志田晶先生

受験数学Ⅲ(応用)

数学Ⅲも深く理解しよう!!

この講座では、数学Ⅲの典型問題の演習を通じて、考える力の養成をします。数学Ⅲ自体は計算力に左右される分野です。しかしながら、物事の根本原理をおろそかにすることは許されません。この講座では、物事の根本原理を追求し、数学Ⅲの深い理解をはかります。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:数学Ⅲを履修済で中堅国公立、私立大学を目指す生徒