2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

法政大学
理工学部

no image

写真

沼井譲司くん

東進ハイスクール所沢校

出身校: 清瀬高等学校

東進入学時期: 高3・9月

この体験記の関連キーワード

最後までやりきることの大切さ

 私が東進に入ったのは、高3の9月の入塾締め切り間際でした。それまではろくに勉強もせずに毎日遊んでいたので、当然成績は悪く、進級はぎりぎり、高3の夏には学校の先生から卒業できるかも分からないと言われているような状態でした。しかしそこからの半年間、今までの自分には経験したことがないくらい勉強して、無事に第一志望校に合格することができました。もちろんその半年間の中には、自分は第一志望に合格できるのかと不安になったり、遊びたいという誘惑を断ち切って無理やり机に向かう日もありました。しかしそんな時に自分の支えになってくれたのは、高校や昔からの友人たちでした。「受験は団体戦」とはよく言ったもので、彼らの支えなしに自分の合格はなかったと今になって心からおもいます。

そんな自分がこれから受験を迎える後輩たちに言いたいことは二つです。まず一つ目はなにか心の支えを見つけた方がいいということです。自分は特に心が弱く、精神面ですぐにやられてしまうタイプだったのですが、明確な心の支えを見つけることでそれを頼りに頑張ることができました。またその支えが人であれば、よりいいと思います。これはとある先生の受け売りなのですが、人は自分のためよりも人のためにこそ真の力を発揮できると思うからです。そして二つ目は、絶対に最後までやりきること。自分は受験勉強の期間が人より短かったために最後までどたばたしていたのですが、その分受験直前期ののびは爆発的なものになりました。特に最後の一、二週間は自分の合格を語る上で欠かせないほどのものでした。個人差はあれどこのように受験直前期というのはある意味一番差がつく期間だと思うので、最後くらいじゃ変わらないと思わずに最後までできる事をやりきる事が大切だと思います。そしてそこまでの努力が絶対に最後の最後で自らを助けてくれる最大の武器になります。実はこれも受け売りだったりするのですが、このような話は沢山の人から聞きます。そしてそれだけ沢山の人がこう感じているという事だと思うので、心のどこかに留めておいておいても損はないのかなと思います。

話は変わりますが、自分は大学に入ったら機械工を学ぶのですが、同時に英語も学んで将来はグローバルに活躍できる人材になりたいと思っています。大学受験は人生の途中経過。ですがそこで全力になれないようではこの先も全力を出すことはできないと思います。なので今までも全力、そしてこれからも全力、でいきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

担任指導


実力講師陣


高速マスター講座


Q
おすすめ講座
A.

【 難度別システム英語 文法編Ⅲ 】


【 スタンダード物理 Part1 】


【 スタンダード物理 Part2 】


 法政大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1

友達にシェアする

渡辺勝彦先生

難度別システム英語 文法編Ⅲ

英文法をじっくりマスターして一気に実力アップ!

この講座では、英文法の各項目の基本知識を確認し、入試文法問題に対応できる実戦力をじっくりと養成します。授業は、豊富な例文を使った解説から練習問題へ無理なく進んでいきます。予習→授業→復習→確認テストの順で、知識の理解と定着を丁寧に確認しながら着実に文法力をつけたい人にお薦めの講座です。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:高校基礎レベルの文法学習を修了している生徒