2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
文学部

no image

写真

草深未彩来さん

東進ハイスクール高田馬場校

出身校: 小石川中等教育学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: 体操部 副部長

引退時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

努力すれば成し遂げられることもある

 東進に通い始めたのは高校2年の初めで、中学受験時の塾のトラウマで頑なに入ろうとしなかった私は、親に言われて渋々入塾しました。2年という学年は、部活でも部を引っ張る側、学校でも行事を進行する側だったため、東進に来るのは18時頃でへとへとになって受講していました。1日だいたい2講づつ、たまに居眠りしながら受けていたが、1年の時に体験講座を何度か受けた経験もあり、またビデオ授業が楽しかったこともあってか、受講ペースは下げないで受けられました。もともと大人数授業が苦手なこともあり、東進の形式は自分に合っていてそれほど苦も無く続けられました。高校3年になって部活も引退し、本格的に受験勉強を始めましたが、最初のうちは勉強に集中できなかったりしたため、東進でのグループ・ミーティングは私の意識をその都度変えてくれました。東進に行きたくない時もありましたが、勉強が嫌いな私にとっては東進に入ってよかったと思えるような2年間でした。

この受験生活を通して学んだことは、努力すれば成し遂げられることもあるということです。努力すれば何でもできるなんて言葉は信じてないですが、努力が無駄になることはないと思えました。私は受験生活の最後の最後まで受験を甘く見ていたため、合格成績は悪いものでした。国立の第一志望を足切られた時、センター試験での理数科目を勉強した時間が無駄だったと思いましたが、あの時勉強した数学のおかげで私立のセンター利用が受かったため、雲の上のような存在の国立を目指したことは私にとって馬鹿な選択でもありましたが、同時に人生を大きく変える選択でした。大きな目標に向かって努力すれば、たとえ最終目標に辿り着けなくても自分にとってプラスに作用するのだと改めて感じました。

私は史学部に入ることになりましたが、大学に行ってやりたいことは日本史以外にもたくさんあります。アルバイトをしたり、好きなサークルに入ったり、就職のための勉強もしたいと思っています。もともと将来就きたい仕事から大学を考えたため、受験に落ちたことでくよくよせず、次の目標に向かってまた努力していこうと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

悩んでいることなどにも真剣に向き合ってくれたことです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

2か月ごとにあるため、自分の実力を測るのにちょうど良かったです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

親に勧められたため。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

勉強に対する姿勢が変わっていきました。

Q
東進のおすすめは?
A.

実力講師陣


高速学習


確認テスト


Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
授業が面白くて飽きずに集中でき、英語の要点がわかりやすく、英語に対する意欲出る授業だったからです。

【 新 スタンダード日本史B①② 】
日本史の教科書に載ってない所まで詳しく書いてあったため、わかりやすかったからです。

 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒