2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
経済学部

no image

写真

伊藤峻志くん

東進衛星予備校新越谷駅東口校

出身校: 専修大学松戸高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: サッカー部

引退時期: 高3・10月

この体験記の関連キーワード

諦めないことの大切さ

 私は高校2年の1月に東進衛星予備校に入学しました。サッカー部に所属していたのでほぼ毎日部活があり、時間の都合を合わせるのが大変でした。そのため、東進の質の高い授業がいつでも受けられる点に非常に惹かれ入学を決めました。

東進の映像の授業は、テキストに見やすくまとめられていたり、覚えやすいよう工夫して教えてくれたりしたため、楽しく学ぶことができました。特に金谷先生の日本史の授業では、板書はきれいにまとめられている上、楽しく教えてくれるので最後まで飽きずに学ぶことができました。金谷先生のおかげで部活を続けていた自分も、他の生徒に遅れをとらずにいられたのだと思います。

東進では毎月のように模試があり、毎週のように面談があるため、自分の学力を確認できます。勉強をどのようにすればいいか分かっていなかった自分でも、迷わずに勉強を続けられました。大学受験を経験し、一番大切なことは過去問を沢山やることだと感じました。最初は全く解けなかった過去問も、多くこなすことで傾向がなんとなく分かり、大学の問題に慣れ、最後は第一志望に合格することができました。

私は3年の10月まで部活を続けていたので、同じ学校の友達との学力差を、模試の度に感じました。夏休みの時点で良い点を取っている人が多くいる中で、なかなか成績が伸びず苦しい期間もありましたが、諦めず続けた結果10月と1月に急に伸び、諦めない事の大事さを感じました。大学に入ってからも、大学受験の経験を活かしてより多くの事を学んでいきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

志望校対策特別講座
志望校にそった授業をしてくれるからです。

高速基礎マスター講座
基礎固めがしっかりできるからです。

東進模試
自分の学力が分かるからです。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】


【 板野博行のハイパー古文 】


 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7

友達にシェアする

板野博行先生

板野博行のハイパー古文

古文力ゼロスタートから志望大学合格へと導く

とにかく古文が苦手で嫌いな生徒、寄っておいで。今まで「できない」「嫌い」で放っておいた古文だけど、大学入試が近づいたらそうも言ってられないぞ!古文の力をつけるには次の三本柱がしっかりしていることが大切。①文法→完璧分析「ハイパー文法」にまかせろ! ②単語→「ゴロ565(ゴロゴ)」の威力を知らないとは言わせない! ③読解→ツボを押さえた板野式解釈法で読解力アップ!スタート時は古文力0(ゼロ)でもOK。必要なのは「やる気」のみ!一年間「板野博行のハイパー古文」についてくれば偏差値60は保証する! とにかくハイパー古文を取ることからすべては始まるのだ!!

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:私立大学中堅校~上位校を目指す生徒