2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
教育学部

no image

写真

萩原一馬くん

東進ハイスクール大宮校

出身校: 伊奈学園総合高等学校

東進入学時期: 高2・9月

この体験記の関連キーワード

第一志望に行きたいという気持ち

 僕が受験勉強を始めたのは高校2年生の9月からでした。受験勉強を始めたきっかけは親に言われたからで最初はやる気がまったくありませんでした。でも、東進で学校の教員になりたいという夢が見つかって以降勉強に本腰を入れるようになりました。東進の授業は映像授業で自分のレベルにあった授業や自分にあった先生を選ぶことができるので、自分のペースで勉強ができて、非常によかったです。東進では担任助手の方々がついてくれて勉強面であったり心理的な面での様々なアドバイスをしてくれました。また、東進での友人は色々な相談にのって心の支えになってくれたり、模試の点数を競いあうことでやる気にもつながりました。受験勉強で大切だと思ったのはやっぱり自分の勉強スタイルを確立することだと思います。人にはそれぞれの勉強法、やり方があるので色々試してみて決めていくのが良いと思います。また、模試の分析も重要だと思います。模試は自分の弱点を知ることができる良い機会で、その弱点を補強していく勉強をしました。

東進の講座でとても役に立った講座は「高速マスター講座」です。僕は単語帳で英単語を覚えるのが本当に苦手だったので、この講座は毎日学校の休み時間や電車に乗っているスキマ時間でゲーム感覚で単語が覚えられたのが良かったと思いました。また、「過去問演習講座」も役に立ったと思いました。この講座は解説授業がついて解き方や捨て問を教えてくれるので非常に良かったです。

でも、やっぱり一番大事なのは第一志望校にどうしても行きたいという気持ちだと思います。受験勉強はどれだけ努力できるかという自分との戦いだと思います。そのためにも夢を持ってこの大学でこの学問をしたいという思いを持つことが重要だと思いました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

模試や過去問の分析をみてもらって、いっしょに作戦をたてたことです。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

色々な勉強方法を教えてくれたことです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

模試を分析して自分の弱点を探し、それを補強していくことです。

Q
部活に所属していましたか?
A.

No

Q
東進を知ったきっかけ
A.

テレビCM

Q
東進を選んだ理由
A.

兄が通っていたからです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター講座
スキマ時間を有効活用できるからです。

過去問演習講座
志望校にそった対策ができるからです。

担任指導
様々なアドバイスをくれるからです。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART2 】
日本史では難しい近現代をわかりやすく教えてくれるからです。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする