2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

上智大学
外国語学部

no image

写真

西村花菜さん

東進ハイスクール西葛西校

出身校: 共立女子高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 吹奏楽部 パートリーダー

引退時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

自分のやってきたことがそのまま結果として表れる

 まず、東進に入って良かった点はたくさんあります。まず、林先生の授業を受けることができ、苦手だった現代文をある程度克服できました。そして、グループ・ミーティングでは同じような志望校をめざしている人達から様々な刺激を受け、自分の勉強のモチベーションにつながりました。特に良かったのは、自習室を活用することによって、勉強する習慣がついた点です。私は学校から家に帰るとダラダラして、すぐに寝てしまうタイプだったので、テスト前や、最低限の宿題や予習以外は勉強をしていませんでした。しかし、東進に入ってからは、ほぼ毎日通い、こつこつと勉強する習慣がつきました。また、担任助手のサポートも私の合格には欠かせないものだったと思います。私の苦手科目である世界史の勉強方法やその他多くの的確なアドバイスをしてくださり、親身になって私の受験生活を支えて下さったことを心から感謝しています。

科目別に書くと、英語は最後まで音読をしつづけたから、特にスランプに陥ることもなく成績を保つことができました。世界史は、成績を伸ばすことはできましたが、細かな知識の詰めや、アウトプットが甘かったことが反省点です。国語は、古文・漢文の勉強にあまり時間を割くことができませんでしたが、志望校の過去問をみて、自分なりの戦略を立てることが大切だと思います。小論文は、最後の方に逃げてしまって、あまり対策をしなくなったことがよくなかったと思います。

特に、強調して後輩の皆さんに伝えたいことは英語において、音読が非常に大切だということです。私は、高3の1年間単語帳は1回も開きませんでしたが、音読やシャドーイングは毎日欠かさずにやりました。英語のリズムがつかめるようになり、長文を読むスピードが確実に上がります。

第一志望に合格することはできませんでしたが、上智大学に入って、英語を思う存分に学べることが今から楽しみです。英語を身につけて、将来は英語を活かせる仕事につきたいです。

最後に、大学受験は、良くも悪くもまさかはなく、自分のやってきたことがそのまま結果として表れるものだと思います。最後まであきらめず、自分を信じて、勉強をし続ければ良い結果はでます。後悔のない様に頑張ってください!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私は人にある程度、管理されなければ、勉強を怠けてしまうタイプだったので、担任助手の方がこまめに進捗状況を聞いてくれたことがとても良かった。また、世界史の勉強の仕方を細かくアドバイスしてくれたり、模試の成績が悪かったときに励ましてくれたりと、とても心強い存在だった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

2か月に1回あるから、短いスパンで、どの教科をどれくらい伸ばしたいか、明確な目標を立てることが重要だと思う。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

高1の時点で現代文の勉強の仕方がわからず、成績もどんどん落ちてきた。そこで、林修先生の授業の評判を耳にして、是非林先生の授業を受けたいと思ったから。家からも、近く、自習室を活用したいと思ったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

同じような学校を目指している人たちの過去問の進捗状況を知ることができたりと、刺激になることがおおかった。楽しかった。

Q
東進のおすすめは?
 上智大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする