2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東北大学
工学部

no image

写真

渡辺侑己くん

東進衛星予備校郡山さくら通校

出身校: 安積黎明高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 化学部 部長

引退時期: 高3・8月

この体験記の関連キーワード

勉強の本質を学べました

 私は一年生のころから東北大を志望しており、今回無事にAO3期によって合格することができ、まずは一安心といったところです。今から思うと、3年間を通して平均すれば私はそこまで勤勉な学生という訳ではありませんでした。

クラスには私よりも多くの問題集を解き、休み時間も放課後も勉強をしている友人も居ました。その友人も同じように東北大学を目指していたのですが、残念ながらセンター試験の点数が芳しくなく、志望校を変更するという結果になってしまいました。

私と友人との間の違いは何だったのか、それはやはり基礎事項をどれだけ深く理解していたのかということに尽きると思います。私は東進の授業を通して単に受験問題の解法を学んだのではなく、その問題に潜む根幹の原理を知りより深い事項の理解をすることができました。それによって、傾向とは異なる問題が出ても冷静に本質を見極めることが出来たのだと思います。

一つ誤解のないよう言いたいのは、問題集を沢山やることは当然必要なことであるということです。旧帝国大学や難関とされる大学になればなるほど、問題集で出てくる典型的な問題を解く鍵を手に入れることは必須となっていきます。ただ、その土台となる事項を正しくしっかりと学ばねば、いくら積み上げても途中で限界が来るということです。

基礎の重要性と一緒にもう一つ大事なことは、その大学で何を自分は学ぶのかを明確にすることです。そこで大事なことは、夢を持つことです。私は、セルロースをバイオ資源として効率的に利用する研究をしていきたいと思っており、将来的に日本を資源国にしたいと考えています。

このように夢を明確にすることで手段が見え、手段が見えればそれを手に入れる為に何が必要なのかが解ります。これはAOに繋がるだけでなく、長い受験勉強の中で己を支え律するものになってくれます。どんなに実現不可能そうなモノでもいいので、夢を持ってください。

最後になりますが、両親、学校の先生方、校舎の先生方に感謝すると共に、大学でも己から学ぶ研究精神を培っていきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


【 スタンダード物理 Part1 】


【 受験数学Ⅲ(応用) 】


 東北大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

志田晶先生

受験数学Ⅲ(応用)

数学Ⅲも深く理解しよう!!

この講座では、数学Ⅲの典型問題の演習を通じて、考える力の養成をします。数学Ⅲ自体は計算力に左右される分野です。しかしながら、物事の根本原理をおろそかにすることは許されません。この講座では、物事の根本原理を追求し、数学Ⅲの深い理解をはかります。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:数学Ⅲを履修済で中堅国公立、私立大学を目指す生徒