2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
国際教養学部

no image

写真

森本梨沙さん

東進ハイスクール自由が丘校

出身校: 田園調布雙葉高等学校

所属クラブ: 国際文化部

この体験記の関連キーワード

最後まであきらめなかったことが合格に繋がりました

 私は高1の9月に入学しました。しかし、高2の冬までは生徒会活動などを言い訳にしてあまり真剣に勉強できていませんでした。完全に受験勉強を始めた高3になる前の春休みから夏までは、家では集中できなかったので、なるべく毎日東進で開館から閉館までいることを目標に勉強しました。

比較的得意だった英語は高2までに英検やTEAPを取得しました。センター試験同日体験受験までに受験英語の基礎を固め、夏休みまでは苦手な文法事項や構文解釈、9月からは私大の過去問を解くようにしました。また、単語・熟語はできるだけ毎日取り組むようにしました。国際教養学部の英語を解き始めたころは速読を重視してしまって細かい構文解釈ができなくなり、スランプに陥りましたが、解いていくうちにだんだん感覚をつかむことができました。最も苦手な国語はセンター過去問大問別演習を夏休みまでできる限り毎日取り組み基礎を固め、そのあとは古文単語や漢文の句法といった基礎もやりつつ、早稲田の過去問に取り組みました。日本史は春休みから始め、6月までに金谷先生の「スタンダード日本史B」を2周しました。そのおかげで、夏の終わりまでに基礎固めは終わり、それ以降は過去問や一問一答を繰り返し行い、最終的には得点源にすることができました。

受験を通して、精神的にも大きく成長することができたと思います。私の学校は早期で大学が決まる人が多く、周りの友達がどんどん決まっていく中で、自分は本当に受かるのかどうか不安に思ったこともありました。しかし、最後の最後まであきらめずに戦ったことで合格につながったと考えています。

大学では帰国生や留学生に対して劣る立場にいるので、遅れを取り戻せるくらい学業もしっかりしつつ、サークル等の課外活動も充実させたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

親身になって自分の勉強スタイルに対するアドバイスをしてくださったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

辛かった時に相談に乗って下さったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分の得点の伸びを知ることができ、またセンター利用を考えるうえで基準になりました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

自分でスケジュール管理ができるから。
学校から近いから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

きちんと目標コマを達成していこうというモチベーションにつながりました。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
何度も繰り返し解きなおすことがおすすめです。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】
金谷先生の表解板書が分かりやすいから。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 73

友達にシェアする