2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

早稲田大学
法学部

no image

写真

江﨑誠人くん

東進衛星予備校成東駅前校

出身校: 長生高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: 弓道 部長

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

自分はいけるという自信がついた

 私は高2の4月ごろに東進に入学しました。東進のカリキュラムの中で、まず始めに効果が出たのは高速マスター講座でした。英単語1800と英熟語750をしっかり行うことで、100点足らずだったセンター英語が140点台まで伸び、最終的には190点を越えるようになりました。

部活引退後から受験勉強に本腰を入れました。夏休みは毎日朝から夜まで勉強で辛かったですが、ここを乗り越えたことは大きな自信になりました。夏を乗り切れたなら、自分はまだまだいけるという自信が秋や冬で直前期の不安と戦う原動力になりました。入試直前期には、12月末までは私大や国立の過去問をたくさん解きました。出題形式の確認と苦手分野の発見と復習を徹底することは、得点向上に大きな効果があったように思います。年末からセンター試験当日にかけてセンター対策をして、苦手であった数学を克服しました。入試が始まってからは、今まで勉強してきたから大丈夫だと自分に言い聞かせながら頑張ることが出来ました。

国立大学は落ちてしまいましたが、早稲田に合格できたときは悔しさもあったものの、大きな充実感と、これからも頑張ろうという気持ちがわいてきました。私は、将来なりたい職業は、公務員系というだけでまだはっきりと決められていませんが、大学生活を通して多くの人と触れ合い、大学を楽しみ、多種多様な考え方を学んで、夢を見つけたいと思います。受験生の皆さんも、これからの一年はとても苦しい年になると思います。ですが、ここを乗り切ることで、以前とは違った自分に出会えると思います。頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター講座
高速マスター講座は本当に効果があります。英語の得点が伸び悩む人は、英単語と熟語を完璧に習得すると効果があると思います。

部活生カリキュラム
時間がない中で部活と両立できて、うれしかったです。

過去問演習講座
過去問演習では赤本よりも詳しく分かりやすい解説が受けられ、得点アップに大きな効果がありました。

 早稲田大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする