2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

法政大学
理工学部

no image

写真

水村亮太くん

東進ハイスクール所沢校

出身校: 西武学園文理高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 弓道部 主将

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

第一志望を勝ち取れ

 高校に入学したときからあまり大学受験に関心がなく、2年の夏まで部活中心の生活を送ってました。夏休みに学校で勉強合宿のイベントがあったので、親に言われるまま参加しました。そこで「もう受験は始まっているんだ」と言われ、勉強のことを考えるようになり、東進に入学することを決めました。

東進に通いだした頃はあまり大学受験のことをわかっておらず、授業の先生や自習室の雰囲気、担任助手の方からいろいろなことを知るにつれて、自分の現状を初めてはっきりと知ることができました。そして、このままだと受験に間に合わないと思い、とても焦りました。授業は学校の帰りに自分で決めたペースを守って受講することで、部活動を辞めることなく続けられました。映像授業ということもあり始めは不安でしたが、講師の先生のわかりやすく飽きることのない授業のおかげで続けられました。この授業にもっと早く出会っていたらよかったという気持ちになるほどです。

センター模試の対策として、2カ月に1回行われるセンター試験本番レベル模試が自分のセンター試験本番の結果に直結したと思います。時間をかけて徐々に、しかし確実に試験に慣れ、本番では実力を発揮することができました。

3年の夏休みは朝から晩までひたすら勉強し、得意な教科を確実なものにしたのが後々の受験勉強を決めたのだと思います。苦手な教科を対策しきれなかったのが、今だから分かる失敗です。
しかし、模試の成績は思うように上がらず悩んでいた時もありましたが、担任助手の方と面談を重ねて乗り越えることができました。もし一人で抱え込んでいたままだったら、きっと受験の結果は多くの悔いを残したかもしれません。

受験に一番必要なのは学力ですが、それに負けず劣らず精神的な面も大切になります。自分の第一志望校への思いが強ければ強いほど合格に近づきます。気持ちの面で弱気になってしまうと確実に受かる大学にさえ受かりません。行きたい大学への強い意志を武器に合格を勝ち取ってください!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試


学力POS


確認テスト


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】


【 スタンダード物理 Part2 】


【 スタンダード物理 原子・原子核 】


 法政大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1

友達にシェアする