2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

名古屋大学
教育学部

no image

写真

遠山若奈さん

東進衛星予備校岡崎駅西口校

出身校: 岡崎高等学校

東進入学時期: 高2・10月

所属クラブ: 吹奏楽部 パートリーダー

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

足りないものを知ること

 1年生の私は、数学の定期テストで100点中10点を取って学校の先生に本気で心配されたり、実力テストで自分より下の人が数人しかいない順位を取ったりしていました。自分は勉強ができないと決めつけていたけど、さすがにこのままではいけないと思って、本格的に受験勉強するために東進に入学することを決めました。

東進に入ってから、講座を受けたり高速マスター講座を進めるうちに、自分がいかに基礎ができていないかを痛感しました。しかし早めに気づくことができたおかげで、今、志望校合格という結果をつかむことができたのかなと思っています。

私が東進に入ってよかったと思うことは、まず自分のペースで受講できるということです。吹奏楽部に所属していたので、コンクール前の練習が長い時期はなかなか勉強に手を回すことができなかったけれど、比較的練習が少ない時期や部活を引退してから、受講をどんどん進めることができたので、勉強と部活の両立に役立ちました。

また、合格するためには何が必要かを考えることができたのも東進のおかげだと思っています。入学するまではなんとなく、目の前のテストで赤点を取らないようにすることだけを考えていました。しかし東進に入って、模試を継続的に受験したことで、合格した人との現時点の差が分かったので、自分にいま何が足りないのか、次の模試までに何の教科をどのような計画で勉強するのか、具体的な受験のための勉強内容を考えることができました。受験を見据えて計画を立てて勉強することの大切さは、今本当に実感しています。志望校の個別試験の問題や、センター試験の問題で目標の点数を試験本番でとることができれば合格できる。そのために何が足りないか考えることで自ずと道が見えてくると思います。

何度も勉強なんてもうやめたいと思うこともありましたが、諦めずに頑張ってよかったです。この1年間で学んだ、物事に一生懸命取り組む姿勢を今後も忘れず生かしていきたいです。大学ではたくさんのことを学んで、広い視野を持って人のために動けるようになりたいと思います。



合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

いつも模試の結果などを見て声をかけてくださったので勉強の励みになりました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

大学の様子を教えていただいたことが、勉強に取り組む大きなモチベーションになりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

合格した先輩との現時点の差を見て、自分の勉強計画を考えていました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

自分のペースで受講できるからです。また、様々なレベルの講座が用意されていたからです。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループのメンバーが勉強を頑張っている姿に影響されて、自分も頑張ろうと思うことができました。また、毎週出し合った英単語の問題は、自然と覚えることができて為にもなったし、息抜きにもなって楽しかったです。

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
実際の問題を解くことで、合格するためにはどんな勉強をしたらいいかを考えることができました。 またセンター試験の過去問を10年分解いたことで、試験本番に自信を持って臨むことができました。

高速マスター講座
英単語や熟語を早いうちに集中的に勉強したことで、英語の勉強の効率が上がりました。

 名古屋大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 17

友達にシェアする