2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
社会学部

no image

写真

野老雅也くん

東進衛星予備校成東駅前校

出身校: 成東高等学校

東進入学時期: 高3・3月

所属クラブ: 陸上競技部

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

勉強の質を上げることが大切

 志望校に合としてだけでなく、人としても成長できたのではないかと思いました。東進では向上得点や東進模試、授業の進捗など、どれくらい仲間が頑張っているのか、どれくらい自分が頑張ればいけないのかがはっきりとわかり、意識することができます。友人が「〇〇の授業終わったよ〜」と言うたび、私も一日でも早く終わらせなきゃ!と思い熱中し、夜遅くまでやっていたことを懐かしく感じます。そういった意味では東進は授業だけでなく、生徒に努力させる環境作りも大切にしているのだなと思いました。

勉強の内容についてですが、まず私が受験において特に大切にしていたのは計画を適切に立てる能力、自分の行っている勉強法が正しいかどうかを判断できる客観的判断力、勉強を長期間続けることができる忍耐力です。3つとも意識するだけで自分の勉強の質が変わるので、ぜひ試してください。

英語については、演習と音読を主に行っていました。特に音読は長文を読む速度が著しく向上でき、英語の勉強の中心になっていました。文法については授業で覚えたら、センター形式の問題で慣れていくほうが効率が良いと思いました。

日本史は一通り覚えたら、ひたすら一問一答がよいと思います。ただそれだと単語のみ覚えていってしまうことになるので、学校の授業などで深くまで掘り下げていくことが大切です。受験期では授業をさぼり家で勉強する人がいましたが、先生の余談が結構大事だったりするので授業も大切にしてください。日本史は受動的ではあまり伸びません。自分からたくさん覚えるようにしてください。

最後に国語ですが、国語では古文を安定してとれるとそれだけで強みになります。古文は暗記が中心になるので、後回しにせず夏までに一通り終わらせ、演習を積むのがよいと思います。

勉強はあなたの意思だけでどうにでもなります。志望校合格を目指して頑張ってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

先生が自分のことで必死に志望校について考えてくれたこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

辛いときもはげましてくれました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

部活で一緒だった友人がたくさんおり、おすすめしていたので選びました。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ・ミーティングのあとはモチベーションがめちゃくちゃあがって、頑張るぞ!てなりました。

Q
東進のおすすめは?
Q
おすすめ講座
A.

【 金谷俊一郎の日本史ラストプラスα 】
難関校を意識し、とてもよくまとめられている授業でした。テキストをそのまま受験会場にもっていきました。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
文法の基礎をこの授業だけで終わらせることができました。

 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 17

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒