2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
経済学部

no image

写真

小泉敬太くん

東進衛星予備校上溝校

出身校: 海老名高等学校

東進入学時期: 高3・3月

所属クラブ: サッカー

引退時期: 高2・11月

この体験記の関連キーワード

周りの人への感謝の気持ち

 私は、立教大学経済学部経済学科に合格しました。
東進に入学するまでは勉強するという習慣も身についておらず、センター同日体験受験も英語が67点という結果でした。半分すら点数をとれず、基礎力の欠如を実感しました。3月の終わりに東進に入ってわからないことがわかるようになることに喜びを感じるようになりました。

高校生活最後の体育祭に向けての準備が忙しかったためまとまった勉強時間が取れなかったため、通学中の電車に乗ってる時間など隙間時間をみつけて高速マスター講座で英語学習の根幹である単語力を身につけました。また、日々の継続学習の必要性を感じ、忙しい中でも毎日登校することを心がけました。

体育祭が終わった6月からは勉強漬けの日々でした。毎日のように複数コマ受講していたので予習復習が大変だったけれど、自分の学力が伸びていくことへの喜びとほかの人に負けたくないという気持ちをモチベーションに変え勉強に取り組みました。東進に通うことの最大のメリットは自分のペースで受講を進められることだと思います。

成績の伸びを感じながらも志望校との距離はまだ遠く、喜びと悔しさの間で葛藤しながら夏休みを迎えました。精神的にも体力的にもきついと思うことは何度もあり増したが、夏は朝9時から夜の10時まで友達と励ましあい最後までサボらずやりぬきました。

夏が終わってからはあっという間で、センター演習や赤本で志望校対策をしました。冬休みも終わり、センター試験も終わるとあっという間に毎日が過ぎていきました。一般試験は緊張をすごくしたけれど、周りの人の支えのおかげで全日程を終えることが出来ました。

私が受験を通して得たものは志望校合格という結果以上に周りの人への感謝の気持ちを持つようになったことだと思います。
周りの人に感謝の気持ちをもち、これからの長い受験生活をがんばってください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

夏の大切さを教えていただいたことで非常に有意義なものにできました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

受験のリラックス法を教えていただき、緊張をほぐすことができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

他の志望者と比較して自分の現在位置を確認するといいと思います。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

忙しくてまとまった学習時間を確保できなかったから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

切磋琢磨し合える友達ができた。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
これのおかげで3年時に入学しても合格できました

高速マスター講座
隙間時間に取り組むことができました。

過去問演習講座
過去問は量をこなすことが大切だと思います。

Q
おすすめ講座
A.

【 吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】
これのおかげで古典ができるようになった。

 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする

吉野敬介先生

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒