2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東北大学
文学部

no image

写真

徳弘珠乃さん

東進衛星予備校浜松駅前校

出身校: 浜松学芸高等学校

東進入学時期: 高3・6月

所属クラブ: 陸上部 マネージャー

引退時期: 高3・5月

この体験記の関連キーワード

10年分の過去問対策で身に付けた自信

 私は高校3年生になってもなかなか勉強に身が入らず、このままではダメだと思い、友人に誘われていた東進に入りました。初めの頃は部活や所属していたオーケストラの活動もあり、忙しかったですが、秋ぐらいからはほぼ毎日通うようになりました。

東進に入ってよかったことは、まず、勉強が強制でなく自主性に任されていたことです。私はやれと言われたらやりたくなくなるタイプだったので、登校する日時が決まっていない東進はかえって私の学習意欲を刺激しました。また、すぐ近くで友達が一緒に勉強をしていたこともやる気につながりました。

東進の講座で特に良かったのが二次試験対策の過去問演習講座でした。過去問演習講座では10年分の問題を解き解説授業を見ることで大学の傾向を把握して対策したり、時間配分を考えたりすることができました。他にも、私は数学が苦手だったので志田先生のセンター対策数学の授業には助けられました。公式を紹介するだけでなく必ずその証明も紹介してくれたので納得しながら受講を進めることができました。

受験生になって一番辛かったのはセンター試験直前の模試の結果を見たときでした。12月のセンター試験本番レベル模試が今までで一番判定が悪く、さらに学校で受けた最終模試も悪い結果で不安になりました。そこからはとにかく点数を伸ばそうと、世界史や理科基礎などの暗記事項を集中的にやり、センター試験に臨みました。結果的にはセンターは予想以上の点数を取ることができ、その後の二次試験に向けて落ち着いて対策することが出来ました。二次試験は過去問を10年分解いたことを自信にして全ての力を発揮できたと思います。

将来の夢はまだ確定していませんが、大学の学びを通して様々なことを吸収し、私が本当にやりたいと言い切れるものを見つけたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
傾向と対策の把握や時間配分を考えたりできるから。

高速学習
効率よく学習できるから。

東進模試
返却が早く、頻度も多いから。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 東北大学(全学部) 】


 東北大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

友達にシェアする