2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
法学部

no image

写真

小友裕貴くん

東進衛星予備校藤が丘駅南校

出身校: 旭野高等学校

東進入学時期: 高1・9月

所属クラブ: 野球部

引退時期: 高3・7月

この体験記の関連キーワード

合格できた2つの秘訣

 僕は東進の中ではおそらくキチンとしていない生徒の一人だと思います。朝一登校もしない、受講は最後まで終わっていない高速マスター講座もあまり活用できていない、など例を挙げればキリがありませんが、そんな僕でもなんとか目標としていた大学に合格することができました。

この合格の裏には、2つの秘訣があったのではないかと思っています。1つは、センターや私大、国公立の過去問が充実していたことだと思っています。僕は目標としていた大学にセンター利用で合格できたのですが、やはりセンター試験の過去問をたくさん演習できていたことで本番でも自分の力を最大限に引き出せたと思います。

2つめは、受講の質の高さです。自分は私立文型だったので日本史を選択していたのですが、金谷先生のスタンダード日本史Bは、通史から文化史、テーマ史などですべての範囲を細かいところまですべてを網羅できるからです。

また、自分は高校3年の7月まで野球をやっていたので、受験勉強を本格的に始めることができたのは夏休みからでした。それまで日本史にはまったく手をつけていなかったので、模試の偏差値では43くらいでした。しかし夏休みにしっかり受講をして復習をしたおかげで夏休み明けの模試では偏差値70を超えることができました。夏休みに集中できたおかげで、周りの人を追い抜くことができ、自分の自信にもなりました。

東進にはグループ・ミーティングがあります。最初は面倒くさいなんて思っていましたが、受験期は週に一度の息抜きとなり、受験勉強でたまったストレスを発散でき、また周りからいい刺激をもらえる、いい機会になっていました。皆さんもグループ・ミーティングを有意義なものにしてください。

話は変わりますが、自分は大学に入ってからは法を学ぼうと思っています。なぜなら、社会に出たときに法に関する知識があったほうがよいと思ったからです。ゆくゆくは司法試験にも挑戦してみようと思っています。サークルなどの活動にも積極的に参加していこうと思っているので、いまは大学生活がとても待ち遠しく感じています。

皆さんも第一志望の大学に合格し、期待に胸を膨らませられるように、受験勉強、がんばってください!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座


確認テスト


学力POS


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード日本史B PART1 】


 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0

友達にシェアする