2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
文学部

no image

写真

野口祐華さん

東進ハイスクール柏校

出身校: 小金高等学校

東進入学時期: 高2・2月

所属クラブ: ダンス同好会 なし

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

自分の意識をどう持つかが大切

 私は、東進に入学した時から国立大学を志望していたため、センター試験に向けての勉強には特に力を入れました。東進ではセンター試験対策の過去問演習講座や東進模試の問題を使うことができ、自分の苦手な大問を集中的に対策することで模試の成績の伸びを実感することができました。二次試験対策でも過去問演習講座はもちろん答案練習講座で記述力を鍛えることができました。担任や担任助手の方は手厚すぎるほどアドバイスをくれ、支えてくださいました。

しかし、私は国立大学には合格することができませんでした。ここで私が主張したいのは、受験勉強する上で一番大切なことは自分の意識だということです。東進では、合格のためのさまざまな講座や集中合宿などが用意されています。それらをどう活用するか、どのように自分のものにして身につけていくかは自分の意識次第だということです。私は東進に来て勉強しているつもりになっていたり、家に帰って勉強している受験生がいる中でしていなかったりなど、自分に甘い部分がありました。なんとかなるだろう、直前に成績は上がるだろうなどということを考えていた甘さがこの結果に繋がったのだと思います。ですから、これから受験する後輩には自分に甘んじるということをしてほしくありません。今から、ひとつでも多く単語を覚え、受講するなら必ず受験会場にその知識を持っていくつもりでその内容をインプットしてほしいです。

直前期にはその覚えたことのひとつひとつが安心要素になると思います。東進にはきちんとやれば確実に合格できるすばらしいカリキュラムが整っていると思いますが、それを生かすも殺すも自分次第です。私はこの受験を通して自分にまだまだ甘いことが分かり、夢を逃す悔しさも知ったので、この気持ちを生かして大学生活はサークルやバイトを楽しむことはもちろん、授業やボランティア活動、留学などを通して今度こそ夢を実現できるように努力したいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード世界史B①②(現代史) 】


 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

友達にシェアする