2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東北大学
工学部

no image

写真

速館佑弥くん

東進ハイスクール大泉学園校

出身校: 大泉高等学校

東進入学時期: 中3・3月

所属クラブ: バスケットボール部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

大学のその先にある将来の夢をもとう

 私は高校入学とほぼ同時期に東進に入学しました。しかし当時私は大学受験や将来に関する明確な目標を持っていたわけではなく、親に強制的に入学させられたような形でした。そのため高校2年生の10月頃までは、塾に通っていない人よりも少ないような時間しか勉強せず、部活動と友達との遊びに時間を費やす日々が続いていました。

そんな状況の中、これまた半ば強引に冬期合宿に参加したりしましたが案の定成績は伸びず、気づいたときには周りと大きな差ができてしまっていました。私のこのような勉強への姿勢が変わるきっかけとなったのが夢、また志望校の決定でした。それからはまず周りとの差を埋めるために、溜まっていた高速マスター講座や受講を終わらせ、高2までの内容を完璧に仕上げる事に専念しました。また、周りとの差があまりついていないと思われた物理を得意科目にしようと、橋元先生の授業を完璧に理解するよう頑張りました。壊滅的だった化学は受講を2周することにより、高3の夏までに苦手を克服することが出来ました。志望校のセンター試験の比率が比較的軽いこともあり、9月から本格的に2次試験の対策を始めました。過去問演習講座では記述を詳しく採点してもらえるので、傾向に慣れ、志望校との距離を知るのに大きく役立ちました。

行きたい大学に合格するには、大学のその先にある将来の夢を明確にもつことが最も大切であると思います。皆さんも色んな人の話を聞き、自分の将来について考える時間をつくってみて下さい。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター講座
単語帳じゃ続かなかったけれど、高速マスター講座では手軽にできてよかったから。

実力講師陣
おもしろいから。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル化学 理論化学 】


【 数学ぐんぐん[応用編] 】


 東北大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 7

友達にシェアする

長岡恭史先生

数学ぐんぐん[応用編]

[基本編]を基に大学入試に対抗し得る真の実力を養成

"基本が大切と誰しもが耳にする言葉であるが、""基本とは何か""または""基本は決して易しくない""ということを知る者は意外に少ない。本講座では数学ぐんぐん[基本編]の既習を前提に(当然「自分は基礎力はある!」という諸君は、この[応用編]からの受講も許される)いわゆる数学I・A/Ⅱ・Bの""基本""の徹底した理解を目指し、1つ1つの基本がしっかり身に付けば""合格するために必要であり、かつ十分である標準問題を一瞬にして見切れるようになることを実践してみようと考えている。なお、教材は本問に必ずREV(自習用問題)を付け、真剣に大学入試に取り組む諸君にとって有益なものであると確信している。素直な心と困難に怯むことのない精神力を持って挑んでもらいたい。"

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:志が高く、これから上を目指すという気迫を持つ諸君