2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
文学部

no image

写真

小高稜太朗くん

東進ハイスクール平塚校

出身校: 平塚中等教育学校

東進入学時期: 高2・8月

所属クラブ: バスケットボール部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

私の合格に一番貢献した講座

 私が東進に入学したのは高校2年のときでした。当時の私は勉強を年間ほとんどせず、学校のテスト期間中もほとんど読書に時間を当て、前日勉強のみで臨んだテストは散々な出来でした。このような生活を送っていたため、積み立て教科、特に英語と数学は基礎さえも身についていない状態でした。このままではどこの大学も受からないと危機感を覚え、私は8月下旬に東進に入学しました。

東進には2ヶ月に1回ほどの割合でセンター試験本番レベル模試が実施されています。受験勉強期間は長いため、モチベーションが持続できず、受験勉強に身が入らなくなることがあります。しかし、模試というマイルストーンをおくことで、常に目標を設定でき、モチベーションを持続させることが出来ました。また、模試の申し込みが簡単に済んだので、申し込みに気を回す必要がほとんど無く、勉強に集中できました。

過去問演習講座センター対策、これが私の合格に一番貢献した講座でした。この講座は、過去10年間のセンター試験の問題だけでなく、数年分の大問別演習問題が含まれています。私は、苦手な教科以外は10年分のセンター試験の過去問に加え、演習講座を5年分ほどを繰り返しときました。10数年分の過去問をといていくことで、問題の傾向、頻出事項、暗記事項の抜けなどが自然と覚えることが出来ました。

最後に。通年を通して、私は受験勉強に対しての憎しみがわいてきたことが数度あり、自分の学力に絶望し、大学に行くことに関して何の意味があるのか、などと悶々と悩んでいたことがありました。そのことが遠因で、他者にあたって迷惑をかけたことも幾度かありました。そんなときに私を支えてくれた家族や友人、学校、東進関係者に、感謝したいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
東進のおすすめは?
A.

過去問演習講座
十数年分の過去問をといていくことで、問題の傾向、頻出事項、暗記事項の抜けなどが自然と覚えることが出来たからです。

実力講師陣
授業が楽しく、また学習しやすい内容だったのでしっかりと覚えられ、実際の試験に関して、役に立った場面が実感できたからです。

確認テスト
毎度の受講後に自分の講座内容の理解度がチェックするこてが出来、自分が本当に実力がついたのかが分かったからです。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


【 𠮷野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】


 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

吉野敬介先生

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒