2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
観光学部

no image

写真

鈴木雄大くん

東進ハイスクール千葉校

出身校: 千葉西高等学校

東進入学時期: 高2・3月

一番大事なのは英語

 僕は高校3年生の3月頃、「さすがに受験勉強を始めないとまずい」と思い東進に入りました。

入った当初は、基礎を完璧にするために高速マスター講座に力を入れ学習しました。私は学校の勉強がしっかりできていなかったので、受験勉強も基礎中の基礎から始めることになってしまい「もっとちゃんとやっておけばよかった」と後悔しました。後悔していても始まらないので気持ちを切り替え、基礎を徹底的に頭に叩き込みました。そのおかげで得意な英語は模試でも安定して点を取ることができるようになり、勉強時間を苦手科目の日本史に多く割くことができるようになりました。

ですが、夏休みを終えても日本史の点数が少ししか伸びず、受かる希望も全く感じられませんでした。僕は諦めずに日本史のテキストを何回も熟読し続けました。熟読してもなかなか覚えられないし、理解もできず、日本史の勉強はものすごく辛かったです。日本史が苦手なまま冬になり、日本史千題テストの日がやってきて、とてつもなくひどい点を取ってしまいました。それからは覚悟を決め、日本史を死ぬ気でやり続けました。努力した結果、日本史でもそれなりの点数を取れるくらいにまでに成長することができました。

これほどまでに成長できたのは、得意教科の英語を夏休みまでに仕上げられたおかげだと思います。英語が仕上がっていたから、日本史・国語への時間が多く割けたのです。散々日本史のことを語ってきましたが、一番大事なのは英語だと思います。なので、大学でも英語の勉強を頑張っていきたいと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6

友達にシェアする