2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京工業大学
第1類

no image

写真

小林一生くん

東進ハイスクールたまプラーザ校

出身校: 横浜市立南高等学校

東進入学時期: 高1・7月

所属クラブ: 弓道部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

コツコツ続けることが糧になる

 高1のとき、私は英語が大の苦手でした。高1のときに受けたセンター模試で3割しか取れず、さすがにこれはマズイと思い、今井先生の「今井宏のC組・英語基礎力完成教室」を受講しました。その結果一気に点数が伸び、高2の全国統一テストでは7割の得点を取ることができました。英語が一気に得意科目になったことで自分の中で学習意欲が向上し、その後の長岡先生の「微積もぐんぐん応用編」や、やまぐち先生の「スタンダード物理」などもこなしたことで理系科目も向上しました。そして、最終的にセンター試験と二次試験で成功を収めることができました。

僕は高校3年の6月まで弓道部に所属していて、週5日練習に励んでいました。また、通学にかかる時間が長かったため、東進に着くころには20時ごろになってしまい、あまり勉強する時間は残されていませんでした。それでも毎日閉館時間まで粘って勉強することを継続したことで着実に背席を伸ばすことができました。この経験のおかげで、夏休みなどでも、逃げ出さず勉強を継続することができたのだと思います。部活が厳しくても勉強をコツコツと続けることは、必ずその後の糧になると思います。頑張ってください。

東進で一番良かったことは、同じ東進に通っている友人と支え合うことができたことです。高速マスター講座をどちらが速く修得できるかを競い合ったり、講座の進み具合等を確認したりすることで、周りとの差を認識することができました。最後に、これまで支えてくださった担任助手の方々と担任の先生、本当にありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験同日体験受験

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

テレビCM

Q
東進を選んだ理由
A.

無料の特別招待講習の内容がよかったです。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


【 微積もぐんぐん[理系微積分+α]-応用編- 】


【 ハイレベル化学 理論化学 】


 東京工業大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 3

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒

長岡恭史先生

微積もぐんぐん[理系微積分+α]-応用編-

―基本編―を基に、大学入試に対抗し得る真の微積分+αの実力を養成

近年理系入試において微積分が占めるウエートおよびその難しさが増しているが、正統的な努力による学習効果が最も効率よく現れる分野であることには変わりない。本講座では、微積もぐんぐん-基本編-を既習、若しくは教科書レベルは何とかなるという諸君を対象に、大学入試に対抗し得る理系微積分+αの真の実力の養成を図る。なお、教材は本問に必ずREV(自習用問題)を付け、真剣に大学入試に取り組む諸君にとって有益なものであると確信している。素直な心と困難に怯むことのない精神力を持って臨んでもらいたい。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:志を高く、これから上を目指すという気迫を持つ諸君