2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立教大学
文学部

no image

写真

伊藤千佳さん

東進ハイスクール西新井校

出身校: 国際高等学校

東進入学時期: 高2・1月

所属クラブ: 女子サッカー

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

あきらめずに勉強し続けて勝ち取った結果

 私が東進に入学したのは高校2年生の1月でした。

入学後は、毎日学校帰りに東進に寄って授業を受けてから帰るのが日課となりました。私は英語が得意だったのですが、世界史や国語は、最初は全然できなくてとても苦労をしました。なので、夏休み期間は毎朝7時に東進に来て閉館時間まで一人黙々とセンターの演習問題を利用しながら勉強し、8月の最後の模試では世界史はちゃんと伸ばすことが出来ました。しかし国語はあまり伸ばすことが出来ませんでした。そこで国語は、9月以降は担任助手の方々に勉強方法をアドバイスしてもらい、結果としてセンター試験の本番では過去最高点を取ることができました。

センター試験の結果は良かったのですが、私は前期の一般入試では全部落ちました。
今まで頑張って勉強してきたのに、1つも結果を出せなかったことに絶望を感じ、人生のどん底に落とされた気分でした。浪人を考えていなかった私は、何としてでも後期で受かろうと気持ちを切り替えようとしました。しかしそれは簡単なことではありませんでした。後期は募集人数がとても少なく、倍率や合格点も上がり、過去問も公表されません。さらに、「前期で全落ちした」という事実と向き合いながら勉強します。精神的負担も前期よりも大きくなり、勉強をしていても涙が出てくるくらいつらかったです。

しかし、私はどうしても「1年間頑張ってきた」という事実を残したかったので、前期に滑り止めとして受けた大学を後期で受けました。その時の私にとって、その大学は、私のやりたいことを叶えてくれる最後の望みでした。なので、一心不乱に、わき目も振らず、諦めてしまいそうな自分と戦いながら必死に勉強しました。そして何とか合格することができました。言葉では言い表せないくらい嬉しかったです。心の底から「あの時、あきらめずに最後まで頑張って本当に良かった。」と思いました。

しかし、私の受験はそこで終わりではありませんでした。その1週間後に立教大学の第二回の合格発表で合格通知をいただくことが出来ました。空から一億円の宝くじの当たりくじが落ちてきたような気分で、夢なのか現実なのかわかりませんでした。私の波乱万丈な受験期は、そこでやっと幕を閉じました。

私が自分の受験期を通して後輩の皆さんに伝えられることは、「最後の最後の合格発表まで、絶対にあきらめないで、粘り強くいてほしい」ということです。私は、前期で全落ちした自分が最後にこのような結果をもらえたのは、あきらめずに勉強し続けた結果だと思うからです。

そして、最後に、私みたいにならないように、今できることを精一杯やってほしいです。一般受験は必ずしも自分の思い通りになるとは限りません。ですが、一番つらいのは「後悔が残ること」です。なので、後悔をしないように、今あるこの時間を無駄にはせず、できることを精一杯やって、第一志望に合格してほしいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

国語の勉強法が分からなかったときに、「答えの根拠に線を引いていくといいよ。」などとアドバイスしてもらったこと。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

不安になった時に、相談に乗ってもらって、いろいろと話を聞いてもらったこと。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

見直しの時に、自分の弱い分野を見つけて、そこを中心に復習していく。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

新聞折込チラシ

Q
東進を選んだ理由
A.

家から近くて、自分のペースで勉強を進められるから。

Q
おすすめ講座
A.

【 過去問演習講座 センター対策 】


【 𠮷野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文 】


【 C組・英語基礎力完成教室 特別編 】


 立教大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 1

友達にシェアする

吉野敬介先生

吉野敬介の基礎からの的中パワーアップ古文

単語・文法おいしいとこどり! 超頻出文章で的中間違いなし!

どんなに古文が苦手な君でも、古文大好き人間に変えてしまい、一気に合格点を取らせる連続集中講義だ! まずPART1の古文文法で「おいしいとこどり」で超出るところだけやっていく。センターの文法ならばっちりで、今まではずしたことは一度もない。そのツボをしっかりと押さえた上で、PART2以降は超頻出の文章だけを扱い、丁寧にわかりやすく、何度もくり返し問題の解き方を伝授していく! 過去の問題を分析し、研究しつくされた配列で、君の頭をバッチリ整理するぜ! 古文はもちろん、受験を勝ち抜く「やる気」が燃え上がるドラマチックで熱い講義を体験してくれ。PART4が終わった後、君は古文大好き吉野大好き人間に変身している。(必ずPART1から順に受講すること!)

90分×20回+講座修了判定テスト4回

対象:古文アレルギーをなくして、古文を得意科目・得点源にしたい生徒