2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

立命館大学
情報理工学部

no image

写真

松井拓貴くん

東進ハイスクール奈良校

出身校: 郡山高等学校

東進入学時期: 高2・4月

所属クラブ: ソフトテニス 部員

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

志望校を決めることが一番大事!

 僕が受験を終えて一番大事だと思ったことは“志望校を決める”ということでした。どうして志望校を決めることが大事かというと受験期のモチベーションの維持につながるからです。僕は志望校をしっかりと決めずに毎日を過ごしていたので勉強へのやる気がでず何もしないで一日を過ごす日が多々ありました。なので皆さんには志望校を決めて欲しいです。

東進での勉強面においては高速マスター基礎力養成講座はとても便利だと思います。高校によって配られる単語帳は違うと思いますが、僕はあまりそういった単語帳を見て覚えるのが好きではなかったので東進の高速マスター基礎力養成講座は自分に合ってました。僕みたいに単語帳を見て覚えるのが好きではない人にはとても向いてるとおもいます。授業については自分にあった先生の授業を選んで受けることができるのでそこも東進のいいところだとおもいます。講座を選ぶときに迷ったときはそれぞれを受けてみてから選ぶこともできるのでしっかり考えて講座を選ぶことが大切です。僕は多少無駄話があっても面白い先生の授業を選びました。

また、東進の模試代は受けるたびに払うわけではないので、たくさん受けたほうがいいですが特にセンター試験本番レベル模試は受けたほうが良いと思います。決まった日に決まった時間でテストを受けることはとても大切です。センターはほとんどの受験生が一番初めに受ける本番なので慣れるためにも数は多く受けたほうがいいとおもいます。そして、勉強とはあまり関係ありませんが部活は最後までやるべきです。高校を卒業してからも卒業旅行をはじめ部活のメンバーとは関わることは多いですしやっててよかったとおもうことがあります。最後になりますが無理のない受験期を過ごしてください。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

部活をの両立を図れると考えたからです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座


過去問演習講座


東進模試


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード化学 理論化学 】


【 高等学校対応 数学Ⅱ-標準- 】


【 高等学校対応 数学Ⅲ―標準― 】


 立命館大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 2

友達にシェアする

高等学校対応 数学Ⅱ-標準-

高校の教科書を徹底理解。先取り学習で入試準備に力を発揮します

数学Ⅱの教科書の完全理解を目標に、単元・項目別に基礎事項を丁寧に解説し、演習により徹底的にマスターします。

90分×24回+講座修了判定テスト6回

対象:学校の数学Ⅱの教科書の節末問題までのレベルを完全マスターしたい生徒

高等学校対応 数学Ⅲ―標準―

高校の教科書を徹底理解。先取り学習で入試準備に力を発揮します

数学Ⅲの教科書の完全理解を目標に、単元・項目別に基礎事項を丁寧に解説し、演習により徹底的にマスターします。

90分×26回+講座修了判定テスト7回

対象:学校の数学Ⅲの教科書の節末問題までのレベルを完全マスターしたい生徒