2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東北大学
工学部

no image

写真

増田拓朗くん

東進ハイスクール石神井校

出身校: 城北高等学校

東進入学時期: 高3・4月

この体験記の関連キーワード

受験で大切な三つのこと

 受験を通して大切だと感じた3点を書きたいと思います。1つ目は学校にいる時間を大切にすることです。皆さんは現役生で、月〜金曜日まで4時間以上の授業を学校で受けているので、その時間に勉強せずに塾だけでなんとかしようとするのは難しいです。センターのみの科目も真剣に受けていると後々プラスになると思います。また、夏休みが終わったあたりから学校は大切なアウトップットの場になるので、夏休みの成果を発揮しましょう。

2つ目は東進を最大限に使うことです。多くの人が夜の9時ごろから集中が切れたと感じると思います。ただ、そこから30分・1時間、踏ん張って勉強してみるのは全く無駄ではないと感じました。最後まで粘ってやりきることが大切です。

3つ目は入試本番までにできるだけ基本問題を解いて自分のものにしておくことです。今まで基本が大切だということをたくさん言われてきていると思います。実際、私は夏前まで基本の大切さがよくわからずに難しい問題を解くことに時間を多く使っていましたが、学校の先生のアドバイスを受けて標準的な問題集をやる時間を増やしたところ、秋から少しずつ成果がでているのがわかりました。私の場合は、センターが終わってから2次試験までの期間に第1志望大学の過去問を研究して、そのイメージをしながら、理科は夏にやった問題集(難易度は過去問より易しい)をくりかえし解いていました。

最後に、成績がでなかったときも信じ続けて下さった校舎長、ありがとうございました!また、早稲田前日の夜に受験するか迷っていて相談したとき、親身に相談に乗って下さった担任助手の先生、ありがとうございました!後悔せずにすみました。「迷ったらやる」ということを学べました。ありがとうございました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

友人の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

石神井校のチラシを見て合格実績がいいと思ったからです。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
力学をよく理解できたことでほかの分野につながりました。

【 スタンダード物理 Part2 】
難しいと思っていた電気分野がパート1からの流れで理解できました。

 東北大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 4

友達にシェアする