2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

同志社大学
グローバル・コミュニケーション学部

no image

写真

村田侑司くん

東進衛星予備校八日市校

出身校: 八幡高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: ワンダーフォーゲル 部長

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

基礎力アップが成績アップにつながる

 僕が東進に入学したのは2年生の冬休みでした。偏差値30からのスタートでしたが、東進で学習を頑張った甲斐あり第一志望に合格することができました。この飛躍的な成績向上を可能にしたのは、高速マスター基礎力養成講座など、基礎力向上のための学習環境が東進にあったことだと思います。

僕は英語を苦手としていたので、東進では特に英語の勉強に力を入れました。その中でも基礎の部分が重要であると考えて、単語、熟語、文法などの基礎力を身につけることを常に意識して学習していました。基礎は何度も何度も繰り返し見直すものなので、高速マスター講座はとても役に立ちました。具体的には、英単語センター1800、上級英単語、文法750、基本例題300の修了判定テスト1日に1個ずつ受けるという決まり作り、移動時間や東進にいる間に時間をつくってやっていました。この学習法により9月で偏差値70をとることができました。

また「今井宏のC組・英語基礎力完成教室」はとてもわかりやすく、この講座を完璧にすることができれば、英文法はほぼ完壁と言えます。担当講師である今井先生はとても個性的な方で、教え方がとても上手で分かりやすいので、英語を苦手としていた僕でも楽しみながらが受けることができました。

東進には学習意欲が高く日々切磋琢磨している仲間が集まっています。そんな環境の中に身を置くことで自分の学習意欲も自然と高まり、おのずから自らの能力を高めることができます。そのような環境に身を置くことで、勉強することが当たり前に思えるようになりました。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

学習法やお勧めの参考書を教えてもらったことです。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

その他

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

兄弟が東進だったから

Q
東進を選んだ理由
A.

東進は映像の授業だから自分で時間割が組めるので、自分のペースで授業が進められるという点です。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

グループ内外で競争が生まれたことです。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
基礎力を養うのにぴったりです。

過去問演習講座
受験は過去問をたくさんやることが大事です。

高速学習
どの教科においても高速学習が理想的です。

Q
おすすめ講座
A.

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
この講座を完璧に行えば、英語の基礎が固まります。

【 過去問演習講座 】
基礎力、応用力ともに養えます。

 同志社大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 6

友達にシェアする

今井宏先生

今井宏のC組・英語基礎力完成教室

「入試英語で大切なこと」の全てを、文法中心にわかりやすく

センターレベルの文法を中心に「入試英語で大切なこと」の全てをわかりやすく解説して、オーソドックスに基礎力を完成する講座です。基礎を万全にすること以外には、確かな英語力を身につける方法はありません。目標の高い生徒もC組で「基礎からスタート」することをオススメします。C組では、夏期・冬期・直前講習をあわせて英文法と読解問題を合計800問、完全征服します。今から数ヵ月後、800問征服を成しとげた自分の姿を、想像してみてください。スタートが遅れて焦っている高3生、早めに基礎固めをしたい高2生、「D組」受講を終えてもっと力をつけたい欲張りな高1生、C組なら「何でこんなにわかっちゃうの」という驚きと喜びで、誰でも成績はどんどん伸び始めます。

90分×20回+講座修了判定テスト2回

対象:センター70%を目標とし、基礎力の充実・完成を目指す生徒