2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

慶應義塾大学
法学部

no image

写真

羽鳥駿平くん

東進ハイスクール自由が丘校

出身校: 学習院高等科

東進入学時期: 高2・9月

所属クラブ: グラウンドホッケー部 マネージャー

引退時期: 高2・11月

この体験記の関連キーワード

気持ちを一新して勉強できた

 僕は高校二年生の秋に東進に入りました。入った当時はなんとなく早慶のいいところに行きたいくらいで特に決まった志望校もありませんでした。はじめは時期が中途半端だったのもあって、𠮷野先生の古文だけとって次の学年になってから世界史をとりました。二年生の冬の時点ではまだ数学受験にするか世界史受験にするか迷っていましたが、東進の担任助手の方にアドバイスをもらってきっぱりと決断することができたのをよく覚えています。東進は次の学年の授業を、春になる前の冬のうちに受けることが出来たので、他の同級生の子たちにそこで差をつけることができました。

僕が最終的に合格できた理由のひとつはここにあると思っています。他塾では高2での歴史の授業といっても深い部分までは触れないし、僕みたいに秋という中途半端な時期から入った場合では自分にあわせてはじめからやってくれるわけもないので、結局ほとんどの生徒は高3から歴史を本格的に習うことになります。しかし、東進の映像の授業であれば自分のタイミングではじめられ、授業の進行に合わせる必要がありません。このおかげで冬から春にかけて一気に勉強を進めることができ、夏前のセンター模試では世界史が90点を越えました。

しかし、早く始めたからこその失敗もありました。夏前に90点を出したことで完全に慢心し、夏休みの世界史の勉強を疎かにしてしまったのです。夏終わりの模試で夏前までは点数で圧勝していた友達に負けてしまったときに自分が怠けていることに気が付き、秋から気持ちを一新して勉強できたことが合格につながったとも思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

面談では担任助手の方ご自身の部活や勉強の体験を加えて、いろいろな講座を提案してくれたので講座を選ぶときにとても役立ちました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

僕の志望大学にかよっていたので大学についてのいろんなことを教えてくれて、いっそうその大学に行きたいという気持ちが強くなりました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

2ヶ月に1回のペースで受けることができるので、自分の成長がよくわかりました。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

駅のポスター

Q
東進を選んだ理由
A.

映像授業で自分のペースで授業が進められるからです。

Q
東進のおすすめは?
A.

東進模試
比較的頻繁に行われ、点数がはっきりするため成長が良くわかりました。

学力POS
手軽に自分の学習状況が見ることができてとても役立ちました。

過去問演習講座
小論文や英語の自由英作などの記述式問題は、しっかりとした知識を持った人にみてもらいたかったのでとても役立ちました。また、二度提出できるので完全答案をつくるところまでしつこくみてもらえました。

Q
おすすめ講座
A.

【 ハイレベル世界史〔文化史〕 】
用語集に乗っていない細かいところまで教えてくれるので、苦手になりやすい文化史も得意にすることができたからです。

【 過去問演習講座 センター対策 】
夏休みに基礎を固めて、その後の志望校別演習講座に備えて、しっかり対策できるように基礎知識をつけることができました。

 慶應義塾大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 27

友達にシェアする

ハイレベル世界史〔文化史〕

後回しになりがちな文化史を一気に得点源にしよう

暗記が大変と思われている文化史ですが、ある「法則」さえわかれば意外に簡単に暗記ができます。この法則を使ってヨーロッパの重農主義・古典派などの経済思想、ロマン主義・写実主義などの文化史、啓蒙主義などの政治思想、また哲学・美術・建築などを講義します。特に中国・イスラーム文化は弱点になりやすいので丁寧に講義します。

90分×5回+講座修了判定テスト1回

対象:難関私大、難関国公立大の合格を目指す生徒。世界史を「理解」して暗記したい生徒