2018年合格体験記 投票ランキングや検索機能も充実。

1435人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

法政大学
理工学部

no image

写真

荒木秀斗くん

東進ハイスクール所沢校

出身校: 保善高等学校

東進入学時期: 高2・3月

所属クラブ: 硬式テニス 部員

引退時期: 高2・3月

この体験記の関連キーワード

大切なのは気持ち

 僕が受験勉強を始めたのは高校2年生の3月で、理系ということもあって周りの受験生と比べると少し遅いスタートでした。

きっかけはポストに入っていた東進のチラシでした。今までほとんど家で学習したことがなく、そろそろ受験勉強を始めないといけないという危機感から入学を決めました。

東進に入る前までは一日中ずっとゲームをしている生活でしたが、入学してからは一日中勉強している生活になりました。最初は集中力も続かず何度も嫌になることもありましたが、東進の先生に励まされたりして頑張ることができました。夏休みには勉強合宿に行って他の校舎の東進生と何時間も勉強しました。夢を語り合い、励ましあったりして学校では体験できない貴重な時間を過ごせました。夏休みが終わってからは私大の過去問や難しい問題集をひたすら解いてました。基礎は夏休みまでに一通り終わらせていたので躓くことはありませんでしたが、一問が重く、長時間続けるにはなかなかの精神力が必要でした。センター試験が終わってからは自分は私大の過去問よりも自信が持てない教科の分野をなくせるように応用問題を解いてました。

こんな受験期を過ごした自分がこれから受験をする皆さんに言いたいのは志望校を今の学力で決めないことと、諦めないことです。学力なんて正直どうにかなります。大切なのは気持ちです。行きたい大学を決めて行動に移せば結果は自然とついてきます。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

「正直今の学力では厳しい」と入学時の面談で志望校を伝えたときに言われて悔しかったのを覚えています。この言葉があったから頑張れたと言ってもいいくらい自分の心が動かされました。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

センター試験直前に担任助手の方からもらった手紙がとてもうれしかったです。科目間の休み時間に読んで緊張をほぐせました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

自分が間違えたところの分野がわかるので次の模試にむけて何を勉強すればいいのかが明確になります。また、本番に向けて時間配分や手を付ける大問の順番などを考えるいい機会なのでただ、試験を受けるだけでなく一回一回本番だと思って受けてみてください

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を知ったきっかけ
A.

新聞折込チラシ

Q
東進を選んだ理由
A.

学校帰りに通えたから

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター講座
その名の通り高速で学習できます。自分は英単語、英熟語、英文法をひたすらやって2カ月でセンター模試の英語の点数を80点伸ばすことができました。

高速学習
自分のできないところを克服する材料は多く揃っているので時間を無駄なく効果的に使うことができます。

過去問演習講座
解説授業付きなので赤本を買うよりも数倍お得です。

Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード物理 Part1 】
各講の問題が良問ばかりなのでとても力になります。あと、先生がとても面白いので退屈しないで受講でき、内容も分かりやすかったので物理が得意になりました。

 法政大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 0

友達にシェアする