合格

ぞくぞく公開中!1243人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

千葉大学
法政経学部

no image

写真

渡邊馨くん

東進ハイスクール土気校

出身校: 千葉東高等学校

東進入学時期: 高1・4月

所属クラブ: 硬式テニス部

引退時期: 高3・6月

この体験記の関連キーワード

早期に実力をつけたことが志望校合格に繋がった

 僕は東進に高校一年生から入学していました。その影響もあり大学受験には大きな関心が最初からありました。

そんな東進にいる受験生はとても意識が高く、一生懸命努力している姿を見て僕も自分の出来ること(高速基礎力養成講座etc)などを見習ってしていました。今考えるとその意識の高さと早期に実力をつけたことが志望校合格に繋がったのだと思います。だから後輩には早期から実力を付けることを強くオススメします。

大学受験は長期戦かつ精神戦です。そのなかで友人や担任助手との会話は情報交換や心の支えになりとても有効であると感じました。周囲の人の支えなしでは第1志望校には絶対に合格できないと思います。部活をやってる人は言うまでもないです。

オススメの受講は高校対応数学です。入学当時は数学が苦手分野であり不安がありましたが東進の授業は本当にわかりやすく、特に大吉先生の三角比の分野は理解に全く苦しまず、さらに次のレベルのステップである三角関数にも繋がる授業で素晴らしかったと思います。

ハイレベルな数学ぐんぐん応用編も長岡先生の可愛い一面も知れる論理的でわかりやすい授業でしたが、対応できる基礎力は高校対応数学が育んでくれたとおもいます。

大学では日本各地から集まってきた人達がいて、新しい環境の中で人間的に成長していきたいと思います。サークルで友達を作り、大学の授業をしっかりうけたり、バイトして社会的スキルを身につけたりといった様々なことをしたいです。

ここまで来させてくれた人に感謝の気持ちを忘れず充実したキャンパスライフを送ろうと思います。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

難関国公立に特化した知識を得ることができた。

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

担任助手の人と話すことで精神的な支えになった。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

結果がすぐ出るため、次に向けての反省を行いやすかった。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

兄弟が通っていたから。

Q
グループ制をどのように活用していましたか。グループ・ミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

互いに情報交換をしていた。会話をすることで、勉強のモチベーションが向上した。

Q
部活や学校行事と勉強の両立法や部活・学校行事をやっていてよかったこと、部活を通して身についた力があれば教えて下さい。
A.

最後までやり抜くことのすばらしさ・大切さを学ぶことができた。

Q
辛かった時期やスランプはありましたか?またどのように乗り越えましたか?
A.

自分を信じてあきらめず最後までやり抜くようにした。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

志望大学へのあこがれの気持ちを思い出すようにしていた。

Q
志望校を決定したきっかけや理由を教えて下さい。
A.

やりたいことが決まっていない自分にとって選択肢を広げてくれる学部が魅力的だったから。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

周囲の人の協力があって初めて成り立つもの。

Q
「独立自尊の社会・世界に貢献する人財」として具体的にどんなことに、どのように貢献していきたいと考えていますか。あなたの将来の夢・志を教えて下さい。
A.

周囲の人に対して影響力を持った人になりたい。

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習
先取りで受験に必要な範囲を終わらせることができた。

担任指導
受験に関する知識を得ることができた。

実力講師陣
わかりやすい授業とコンパクトで濃密な内容が良かった。

Q
おすすめ講座
A.

【 数学ぐんぐん[応用編] 】
長岡先生が面白く、難しい数学の問題も楽しんで解けるようになった。

【 現代文記述・論述トレーニング 】
今までになかった論理的な記述の方法を学ぶことができた。

【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】
早い段階から英文法を身に着けることで受験に対する意識を持つことができた。

千葉大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 485