合格

ぞくぞく公開中!1439人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

東京理科大学
理工学部

no image

写真

森一希くん

東進ハイスクール千葉校

出身校: 東邦大学付属東邦高等学校

東進入学時期: 高2・8月

この体験記の関連キーワード

自分の予定に合わせて授業がくめるので集中して無理なく進められた

 僕が東進に入学したのは高校2年生の夏でした。高校1年生の時から他塾に通ってはいたのですがバスケットボール部に所属していた僕はハードな練習の後に塾に行って授業を受けるとどうしても眠くなってしまい集中力も散漫になってしまって全く成績が上がらずに辞めてしまいました。そんな時に、同じ部活の成績のいい友達に勉強の相談をして勧められたのが東進でした。
体験授業が無料と言うこともあって早速学力診断テストを受けたのですが、そのテストで衝撃を受けたのを覚えています。比較的進学校の高校で高校1年生の時から塾に通っていたので学力には自信のあった僕ですが、そのテストで出た結果は英語の偏差値が42、数学の偏差値が50程度でした。そこで僕は今まで勉強してきたのではなく勉強したつもりになっていただけなのだと気づきました。今思えば疲れた状態でつまらない授業を聞いているだけなので全く身につかないのも当然でした。

そこから焦りを感じてそのまま東進に入学したのですが、東進に入学してよかったと思う点が3つあります。
1つ目は東進の授業のクオリティと自由度の高さです。東進の授業は東京で授業をしている様な有名な先生達の授業を聞けるので非常にわかりやすく面白い授業で自分の予定に合わせて授業がくめるので集中して無理なく進められたのが部活生の僕にはありがたかったです。特に英語の授業は先生が長文を読むだけでなく、英語が苦手な生徒の視点に立って英語ができる人の考え方を教えてくれたので、それがわかった瞬間苦手だった英語が得意になりました。
2つ目は東進の模試です。東進は模試が頻繁にあったため自分の学力の成長を数字として捉えられてモチベーションが上がったし、時間配分やメンタルなど学力以外の模試でしか慣れることのできない部分の強化ができたので本番では緊張する事なく実力を発揮できました。
3つ目は東進特有の担任助手の皆さんと生徒の距離の近さです。東進では自分の担当以外の担任助手さんでも励ましてくれたり相談に乗ってくれたりして凄い嬉しかったので、東進に行くのが楽しくなりモチベーションを保つ事ができました。また、わからない問題などがあると担任助手さんが嫌な顔ひとつせず納得するまで質問に付き合ってくれたので授業も参考書も完全に理解する事ができました。

僕が憧れの東京理科大学に進学できたのは夏に東進への入学を決めたからだと思います。東進は自分が変わるきっかけになってくれました。これからは東進で学んだ事を活かして日用品などを発売している会社の研究・開発に携わり今まで誰も考えた事もなかったような様々な商品を生み出して人々の生活を身近な所から改善できるような研究員になりたいです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進のおすすめは?
A.

高速学習


確認テスト


講座修了判定テスト


Q
おすすめ講座
A.

【 スタンダード化学 理論化学 】


【 今井宏のC組・英語基礎力完成教室 】


【 受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(応用) 】


東京理科大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 5