合格

ぞくぞく公開中!1433人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

広島大学
医学部医学科

no image

写真

阪井裕貴くん

東進衛星予備校皆実町校

出身校: 修道高等学校

東進入学時期: 中3・1月

この体験記の関連キーワード

焦らずじっくり学習に取り組めば、必ず伸びる時期はやって来る

 僕は中学3年生の時に東進に入学しました。数学は高1生までに数学ⅠAⅡBを前倒しで学習し、英語は高速マスター基礎力養成講座で受験レベルの単語を身につけたことで、英語と数学はセンター試験の土台を早い段階で固めることができました。この2教科についてはセンター試験本番の1年前に仕上げることができたと思います。前倒しの学習ができると模試に対する意識も高まり、取り組み方も変わりました。模試は受験後にしっかり復習して意味あるものになります。

東進では数学、化学、物理、英語を学びました。高校3年生になってからは二次試験に必要な、これらの科目の成績がいきなり伸びて、受験に挑めるくらいになりました。特に英語の今井先生や宮崎先生の授業は分かりやすく、楽しく授業を進めることができるのでオススメです。

今、成績の伸びを実感できず、不安を抱えている後輩の皆さんもいらっしゃると思いますが、焦らずじっくり学習に取り組めば、必ず伸びる時期はやって来るので、諦めないでください! 試験本番も同様に、焦らず落ち着いて解く方が絶対に良いです。自分は焦っていると感じたらいったん解くのを止めて深呼吸することをオススメします。僕は必ず試験前に両手の指と指を合わせて脈をとるということをやるのですが、これをするとなぜか落ち着いて試験に臨むことができました。

これまで僕の勉強を支えてくださった方々に恩返しをするべく、これからも勉強して一人前の医者になれるように頑張りたいと思います!

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

通っていた塾の高校部が東進だったから

Q
東進を選んだ理由
A.

塾の先生に勧められてよかったから

Q
おすすめ講座
A.

【 今井 宏のD組・英語スタートダッシュ教室 】


【 難関国立大総合英語 】


広島大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 11