合格

ぞくぞく公開中!1437人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

神戸大学
国際人間科学部

no image

写真

高見佳奈さん

東進衛星予備校金沢本町校

出身校: 金沢泉丘高等学校

東進入学時期: 高2・12月

所属クラブ: 合唱部 部長

引退時期: 高3・8月

この体験記の関連キーワード

結果よりも、目標に向かい、試行錯誤する過程そのものが重要

 受験勉強は長い長い自分との戦いです。そして、この戦いの勝利は合格することだけだと思い込んではもったいないと感じます。もちろん、合格は努力が報われた結果として達成感を与えてくれる、最も望むべき形での戦いの終わり方です。しかし、自分の中でやれる限りの努力を尽くしたという自負がなければ、たとえ合格しても、それは本当の達成感でもなければ本当の勝利でもないと、私は思います。受験勉強こそ、結果よりも、目標に向かい、試行錯誤する過程そのものが重要であり、受験は自分が人間的に成長できる良い機会なのです。結果だけを求めて苦しくなった時、「これも素敵なオトナになるためのチャンスだ!」と思ってくれたら少しは楽になるでしょうか。こんなこと言っていた奴もいたなと思い出してもらえれば幸いです。

さてこの戦い、一人では勝利どころか戦い抜くこともできないでしょう。私が特に痛感したのは家族の有難さです。張り詰めた受験勉強の中でも家に帰ればただの高校生に戻ることができる、戻ってしまう、そんな感覚でした。私以上に私の能力を信じて応援してくれた家族がいたからこそ、最後まで頑張り抜くことができたと思います。皆さんにも一緒に戦ってくれる人が必ずそばにいるはずです。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

私が担任の先生に言われて1番印象に残っているのは「できるかできないかじゃない、やる。結果はどうでもいい。」という言葉です。正直、言われてすぐは「結果はどうでもいいなんて、無責任な。」と反抗する気持ちがありました。しかし同時に、結果がすぐには期待できないもの、私の場合苦手だった数学から逃げている自分に気づきました。努力を始めていないのにやっても無駄だと自分で自分の可能性を、成長できるチャンスを手放してしまうなんてもったいない。先生との面談を通してそう思えるようになり、最後まで努力し続けることができました。

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
A.

センター試験本番レベル模試

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
東進を選んだ理由
A.

周りの友だちの多くが東進に通っていたから。

Q
やる気の原動力、モチベーションを高める方法は何でしたか?
A.

私が特に痛感したのは家族の有難さです。張り詰めた受験勉強の中でも家に帰ればただの高校生に戻ることができる、戻ってしまう、そんな感覚でした。私以上に私の能力を信じて応援してくれた家族がいたからこそ最後まで頑張り抜くことができたと思います。皆さんにも一緒に戦ってくれる人が必ずそばにいるはずです。

Q
あなたにとって受験勉強とはどのようなものでしたか?
A.

受験勉強は長い長い自分との戦いです。そして、この戦いの勝利は合格することだけだ、と思い込んではもったいないと感じます。もちろん、合格は努力が報われた結果として達成感を与えてくれる、最も望むべき形での戦いの終わり方でしょう。しかし、自分の中でやれる限りの努力を尽くしたという自負がなければたとえ合格しても、それは本当の達成感でもなければ本当の勝利でもないと、私は思います。受験勉強こそ結果よりも、目標に向かって試行錯誤する過程そのものが重要であって、受験は自分が人間的に成長できる良い機会なのです。結果だけを求めて苦しくなった時、「これも素敵なオトナになるためのチャンスだ!」と思ってくれたら少しは楽になるでしょうか。こんなこと言っていた奴もいたなと思い出してもらえれば幸いです。

Q
東進のおすすめは?
A.

部活生カリキュラム
私は3年生の8月まで部活を続けていました。1、2年生の頃は先輩方の姿を見て自分もこんなふうに両立できるだろうかと不安でした。今思えばこの不安の大きな要因は受験生に対する漠然とし過ぎたイメージだった気がします。見えない敵と闇雲に戦って、一喜一憂するような日々を想像していました。しかし、東進に入って担任の先生が模試返却時など、定期的に学習計画のアドバイスをして下さり、今やるべきことを具体的に把握できたので、部活をやりながらも自分のペースの中で最大限効率的に学習を進めることができました。

担任指導


高速学習


神戸大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8