ページを更新する ページを更新する

合格

2547人の東進生の
現役合格の秘訣が満載!

日本一現役合格実績には理由ワケがある。

▼   その理由を体験しよう!   ▼

4講座無料招待お申し込み受付中!

招待状をお持ちでない方はまずは招待状を請求してください。

北海道大学
総合入試理系

no image

写真

笹前直希くん

東進ハイスクール南浦和校

出身校: さいたま市立浦和高等学校

東進入学時期: 中3・4月

所属クラブ: バドミントン

引退時期: 高3・5月

北大本番レベル模試

この体験記の関連キーワード

問題演習を進めるにつれて、自分の成績の伸びを感じることができた

 受験生活を振り返って、低学年から東進ハイスクール南浦和校に入学していたので、時間をかけて第一志望に合格するための学力を身に付けることができました。第一志望への気持ちも高2になるくらいで固まっていたので、勉強に身を入れることができました。早いうちから英語などの基礎の勉強があまりできなかったので、そこは反省かなと思います。

受験生になって、夏までに基礎を固めることができ、夏から過去問演習講座をメインに勉強を進めることができました。問題演習を進めるにつれて、自分の成績の伸びを感じることができ、勉強にやりがいを感じることができました。秋以降の志望校別単元ジャンル演習講座では、偏って演習してしまったことは反省ですが、それでも演習にやりがいを感じ、演習、復習を繰り返したことで、さらなる成長につながりました。

後輩の皆さんに伝えたいことは、まず、高3の夏までが正念場であると思います。夏以降から成績を伸ばす演習を大量に行うために、夏までの基礎の習熟度が受験の合否を左右します。夏までをまず大切にしてほしいと思います。次に、絶対的な得意科目を作ることはすごく大切だと思います。過去問演習講座や志望校別単元ジャンル演習講座の中で、自信のある科目の演習ができるということは、苦手な科目を行える時間が増えるので、演習を有意義に行うことができます。本番でも得意科目があるという安心感は大きな武器になります。

つらくなっても、受験終わりの自分を想像して、全力の努力を惜しまないように頑張ってください!応援しています。

合格データ合格の秘訣を聞いてみました!

Q
担任の先生の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

自己肯定感やモチベーションの向上

Q
担任助手の指導や面談で役立ったことや、印象に残ったときの様子
A.

厳しい指導による勉強促進

Q
あなたのおすすめの東進模試を教えて下さい。
Q
おすすめのポイントや後輩にすすめたい自分なりの活用方法について教えて下さい。
A.

短時間の集中を繰り返していろいろなジャンルの問題を解ける基礎力固めの一助になる。

Q
部活に所属していましたか?
A.

Yes

Q
その他を選んだ場合はこちらに記入して下さい。
A.

親の紹介

Q
東進を選んだ理由
A.

時間に縛られず、中学受験の時に縛られたことが勉強の弊害になっていたので魅力を感じた

Q
チーム制をどのように活用していましたか。チームミーティングでの楽しかった、または印象に残っている思い出を教えて下さい。
A.

いい気分転換になりました

Q
東進のおすすめは?
A.

高速マスター基礎力養成講座
量をこなすことができる

志望校別単元ジャンル演習講座
自分の苦手なところを片っ端から潰していける

担任指導
モチベーションの維持と自分の勉強習慣作り、手助けになった

Q
おすすめ講座
A.

【 数学の真髄-基本原理追究編-文理共通 PART1 】
演習、解説も豊富なので、数学の力を育むことができました。復習の問題もついていたので有効に活用できました。

【 難関物理 PART2 】
とにかく先生が面白かったです。講義の内容も難しい問題が多かったですが、わかりやすく面白く説明してくれました。物理の力になりました。

北海道大学の合格体験記をもっと見る 参考になった!! 8