« 名人の授業シリーズ 今井の英文法教室 下 | メイン | 2009/09/28 更新情報「新刊案内」 »

名人の授業シリーズ 今井の英文法教室 上





今井 宏 【著】

【出版社】東進ブックス
【ISBN】9784890854509
【定価】本体1200円+税
【頁数】264
【版型】A5判
Amazon_logo.gif

本書をお買い上げいただいた方へ訂正のお知らせ

message.gif

T この本の目的

●受験勉強は英語から
 本格的に受験勉強を始めようと思ったとき、多くの人は「まず英語から」と考える。現在の大学受験の状況を考えれば「英語から」という選択は、確かに正解である。文系でも理系でも英語から逃れることはできないし、膨大な問題量や質の高さを見ても、英語の負担は他の科目より圧倒的に大きいからである。

(1) 英語の何から始めるか?
 「まず英語から何とかしよう」という決意は正しいとして、次に問題になるのは「英語の中の何から始めるか?」である。まさか英作文や長文読解から始めるという人はいないだろうが、「単語集からやるか」「英文法からやるか」で意見が分かれるだろう。中には「熟語から」という先生もいるし、まず音声面を鍛えなければいけないのだから「リスニングから」などと思い切ったことを言う人もいる。

(2) 単語熟語より、まず英文法から始めるべきだ
 筆者はこの20年近く、いろいろな予備校で教えながら、「受験勉強は、まず英文法から」と一貫して主張してきた。理由は簡単で、英文法ほど楽しくて英語を好きになりやすい分野は、ほかに見当たらないからである。
 「英語の力は、単語の力」といって「まず単語集から」という人も多いが、英単語だけ一覧表のようにズラッと並べて全部丸暗記、というのはいくらなんでもつらすぎる。出発点で単語集を無理矢理やらされて、それで英語がキライになり、受験勉強全体のモチベーションが下がってしまったというケースも非常に多いのである。
続きはこちら>>

【目次】
はじめに
目次
第1章 動詞/助動詞
 第1講 現在形と進行形
 第2講 現在完了形
 第3講 過去完了形
 第4講 時制の考え方とその例外
 第5講 未来完了/時や条件を示す副詞節
 第6講 基本動詞の判別 1(自動詞と他動詞・活用形など)
 第7講 基本動詞の判別 2(話す/行く/来るなど)
 第8講 基本動詞の判別 3(貸し借り/着る/似合うなど)
 第9講 いろいろな助動詞
 第10講 助動詞+have+p.p.など
第2章 準動詞
 第11講 不定詞の名詞的用法
 第12講 不定詞の形容詞的用法
 第13講 不定詞の副詞的用法
 第14講 独立不定詞句/be to 不定詞/too … to 構文など
 第15講 代不定詞/完了不定詞(to have p.p.)など
 第16講 分詞構文 1
 第17講 分詞構文 2
 第18講 現在分詞と過去分詞
 第19講 SVOC構文と分詞の問題 1
 第20講 SVOC構文と分詞の問題 2
 第21講 付帯状況 with+X+Y
 第22講 動名詞と慣用表現
 第23講 動名詞の意味上の主語/完了形の動名詞など
 第24講 目的語になる準動詞
第3章 仮定法
 第25講 仮定法「もしいま」「もしあのとき」
 第26講 仮定法の倒置/もしなかったら
 第27講 混合タイプ/仮定法未来
 第28講 I wish … と as if …
 第29講 仮定法現在など
 第30講 if のない仮定法
第4章 関係詞
 第31講 関係代名詞の基本
 第32講 前置詞+関係代名詞
 第33講 名詞+前置詞+関係代名詞など
 第34講 VV'タイプ(連鎖関係代名詞)
 第35講 制限用法と非制限用法
 第36講 関係代名詞と関係副詞
 第37講 関係詞 as/than/but/what
 第38講 関係形容詞/関係詞の省略/二重限定/…ever など
ESSENTIALS一覧
さくいん

■下巻はコチラ■
『名人の授業シリーズ 今井の英文法教室 下』