1/21(土)、1/22(日)
最終 1月
1月17日(火)
最終
1

ココが違う!4つの特長

どの模試より東大に近い問題

東進の「東大本番レベル模試」は、東大前期試験と同じ出題形式・同じレベルの「本番レベル模試」です。毎回東大前期試験本番と同じ出題範囲で、本番同様の真剣勝負が実現。模試での実戦を通して、学力を飛躍的に向上させることが可能です。解答用紙も本番で使用されるものに、どの模試よりも近く、まさに“東大二次シミュレーション”の模試です。

どの模試より東大に近い問題

 「東大本番レベル模試」は、東大合格に必要な学力と現在の学力との差を、具体的な点数で明示します。さらに、センター試験本番(自己採点)とのドッキング判定により、現在位置を正確に把握。本番同様の総合判定を実施します。連続受験によって前回からの伸びを確認して、勉強法や学習計画の成果を検証すれば、勉強の質をより高めることが可能です。

どの模試より東大に近い問題

従来の模試では、試験実施から成績表返却まで3週間から1カ月もかかり、忘れた頃に返ってくるというのが現状。東進の「東大本番レベル模試」では、記述形式の模試でありながら、試験実施11日後という答案・成績表のスピード返却を実現。目標達成までの具体的かつ的確な学習計画を素早く立てることができます。

どの模試より東大に近い問題

成績表スピード返却とともに、模試の復習を助けるのが、東進だけの「合格指導解説授業」(英・国・数)。この解説授業の大きな特長は、受験結果のデータを元に作られていることです。東大入試を知り尽くした東進の実力講師陣が、受験者が陥りがちなミスや、今後の勉強の進め方などをわかりやすく説明します。「東大本番レベル模試」の受験者なら誰でも受講できるので、大いに活用して実力アップにつなげましょう。