2021年4月13日 19:12

ライブ授業締切のお知らせ

※4月13日更新

以下のライブ授業は定員のため締切ました。

 

第Ⅱ期講座

3東大現代文(御茶ノ水):4/12受付終了

 

t-PODの設置がある授業につきましては、t-PODをご活用ください。

 

よろしくお願い申し上げます。

<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)
4月17日(土)は、大阪校は終日閉館いたします。
なお、御茶ノ水・渋谷は通常通り開館しております。

何卒よろしくお願い申し上げます。
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

2021年4月13日 17:35

部活と受験

はじめまして、文科一類新2年の北川です!

先日東大でも対面で入学式が行われ、すでに私たちより仲がよさそうな下クラの集合写真のインスタに、強めにいいねを押しました。

1年後はみなさんの番ですよ!!

この時期の受験生の勉強量は本当に人それぞれです。部活も引退して勉強に全振りしている人も増えてきますよね。
私はバスケ部で部長を務めており、高3の4月5月は大会まっただ中でした。授業後すぐに自習室に向かう友人を横目に体育館へ向かい19時まで部活、土日は試合......。そんな生活が6月の始めまで続きました。勉強時間がなかなか取れず、正直めちゃくちゃ焦っていました。


同じような悩みを抱えている人は多いんじゃないかと思います。絶対の正解はありませんが、私がこの時期をどう乗り切ったのかお話します。

まずは漠然とした焦りを、具体的な問題に落とし込みましょう。不安なのはどの教科?インプットとアウトプットどっちが足りてない?そんなことを書き出してみると、自分がいま取り組むべき課題が見えてきます。
私の場合は、社会科目のインプット不足が深刻でした。

見えてきた課題に、優先順位を付けて、具体的な解決策を考えます。社会のインプットが最優先→問一答で基礎事項の定着、といった感じです。
ここが肝で、いかに自分のライフスタイルに合った解決策を見つけられるかの勝負です。「隙間時間の有効活用」というのは耳にタコかもしれませんが、勉強以外で忙しい部活生には本当にこれが大事です。
例えば、受験直前でも英単語帳で単語を覚える受験生、普通にいますよね?これ、今やっちゃいましょう。極論、通学時間にできる勉強は受験直前の分まで全部やっちゃえばいいんです。

次に、自分が使える時間を見直します。一週間、168時間のうち、学校と部活で何時間取られていますか?実は部活に行く前の身支度や帰宅後のぐだぐだタイムが長かったりします。お風呂にも教科書を持ち込んでいた猛者もいました。
でもここで睡眠時間を削るのは絶対にやめた方がいいです。部活と勉強の両立は、想像以上に体を酷使しています。

あとは抽出された時間に、先ほど挙げた課題を埋め込んでいくだけです。

長々と書きましたが、言ってしまえばこの2ヶ月やそこらで受験の結果は変わりません。今まで積み重ねてきたものや、引退後に積み重ねるものの方がはるかに大きいです。
それでも勉強と両立してほしいと思うのは、せっかく部活に打ち込んだ青春を言い訳にしてほしくないからです。
これから先、成績が振るわない時、「あの時部活やめておけば良かった」と思って欲しくないからです。

早起きして勉強してから行く午後練、充実感半端ないです。

何だか熱く語ってしまいました。後悔の残らない春にしてください。応援してます!
| | コメント(0)

2021年4月11日 16:23

大学の授業

読者の皆様、お久しぶりです。新2年生スタッフの川島です。

本日は自分が1年生の時に履修していた選択科目について書こうと思います。(昨年11月ごろにも他のスタッフが書いてくれているので、そちらの方も是非ご覧ください!)

ちなみに1週間ほど前から2Sセメスターの授業が開始されました。この半年間が東大生活で最も余裕がある時期だと言われていますが、自分は調子に乗って選択科目をいっぱい取ってしまったために、1年生の頃と同じく週14コマの履修を組んでしまいました.....途中で息切れしないように頑張っていきたいと思います!

それでは1つずつ見ていきましょう

・基礎化学 (1Sで履修)

化学の各分野に関する話を、広く浅く聞くことができる科目です。「進振りで化学系の学科に行きたいな~」と考えている人は履修してみると良いと思いますが、1年生しか履修できないので注意。成績の方もなかなか良い点が来ました。嬉しい。

・解析学基礎 (1Sで履修)

文字通り解析学の基礎の部分を学びました。zoomなどを用いた授業がなく、先生特製の資料を読み進めて毎週課題を出す、と言った形態だったのでそんなに印象に残っていないです。期末レポートがめちゃめちゃ時間かかったんですが、微妙な点数しかくれなかったことしか覚えてないです。

・環境物質化学 (1Aで履修)

酸性雨や地球温暖化、オゾン層破壊など、近年ニュースを騒がせている環境問題がどのようなメカニズムで起こり、どのような対策方法が講じられているかを学びました。毎授業ごとの軽い小テストみたいなものが大変でしたが、期末試験は「授業の確認+自分で考える+計算問題」と言った感じで、文系よりの系列の授業とはいえ理系生でも単位が取りやすい授業でした。そこまで授業に力を入れたというわけではないものの良い点数がきたのでありがたかったです。嬉しい。

・アルゴリズム入門 (1Aで履修)

プログラミング言語のPythonを用いてアルゴリズムの基礎について学びます。自分が受けた先生はオンライン授業の録画をアップしてくださる先生だったので、自分の都合が良い時間に受講することができて良かったです。中間課題としてアニメーションなどを作る課題があったのですが、これがかなり大変でした。逆に期末の筆記試験はそこまで難易度は高くなかったので、中間課題の出来栄えで点数に差がついたのではないかと思います。ちなみにめっちゃいい点数が来てました。とても嬉しい。

・化学平衡と反応速度(1Aで履修)

理系生は1Sセメスターで「熱力学」もしくは「化学熱力学」を必修授業で取ることになるのですが、この授業では前半ではそれらの復習、後半ではより発展的な内容について学びました。高校で学ぶ熱力学とは全く異なる内容ですが、理解が深まるので興味がある人は履修してみてください。1Aセメスターではこの授業の勉強に最も力を入れたので、その分良い点数が来ました。とても嬉しい。

以上が1年生の時に履修した選択科目です。

そして2年生では「言語文化論」「美術論」「音楽論」「現代教育論」など、思想・芸術分野の授業を多く取ってみて、自分の知見を広げることができれば良いなと思っています。

1年生は必修の授業が多く、特に理系生はあまり選択科目を入れることができませんが、基礎化学のように1年生しか受講できない授業もあるので、シラバスをしっかり読んで受け逃さないように気を付けてください!


なぞなぞ
Q1.「かかくしせちとのひみろん」を並び替えて出来る映画のタイトルってな~んだ?
Q2.「かせてはばひももらりりるる」を並び替えて出来ることわざってな~んだ?
Q3「アアウウクススストニヌマリルレン」を並び替えて出来る人物ってだ~れだ?.
Q4.「ehhiopssty」を並び替えて出来る英単語ってな~んだ?
Q5.「いうううえこごさだちとばほままめょんん」を並び変えて出来る2つの駅って、どことど~こだ?


以上でこの記事を終わります。お読みいただいた方はありがとうございました。
なぞなぞの解答は下にあるよ。











































A1.「千と千尋の神隠し」(2001年に公開された宮崎駿監督の映画)
A2.「瑠璃も玻璃も照らせば光る」(優れた才能や素質がある人は、どこにいても目立つと言う意味)
A3.「マルクス・アウレリウス・アントニヌス」(五賢帝の1人に数えられるローマ皇帝)
A4.「hypothesis」(仮説)
A5.「駒場東大前」と「本郷三丁目」(それぞれ駒場キャンパス・本郷キャンパスに近い駅)




<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

2021年4月 7日 16:40

t-POD講座開講日程のご案内

※4月7日更新

t-POD講座開講日程のご案内 

t-POD講座の開講日程をご案内いたします。
変更がある場合は、こちらのページでお知らせいたします。

【高3生】
■第Ⅰ期講座
 ・4月8日 東大特進化学(第3・4講)
 ・4月14日 東大特進化学(第5・6講)
 ・4月23日 東大世界史【基本編③】
※上記以外は開講済みです

■東大特進数学テストゼミ
 ・4月15日 第4回テストゼミ
※第3回までは開講済みです


【高2生】
■高2プレ講座 数学の真髄
 開講済みですので、テキストが届き次第、受講を開始いただけます。

■高2第Ⅰ期講座
 ・4月14日 東大現代文
※数学の真髄は開講済みです
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

2021年3月29日 14:53

少し立ち止まって

※この記事の内容は筆者の妄想が多分に含まれます。あくまでもネタとして聞き流してください。
 お久しぶりです。この春から2年生となります、酒井です。2Sセメスターは比較的空き時間が多いので、できれば有意義に使いたいところです。まぁ結局は寝て...もとい休養をしっかりとるというのが安定でしょうか。
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
 ところでみなさんは金太郎をご存知でしょうか。そう、あのまさかりを担いで熊と相撲をしている赤いふんどしのアイツですね。しかし、金太郎のこうしたイメージは知っていても、彼が何をしたのか、あるいは何をするのか具体的に言える人はあまりいないでしょう。もっとも知識欲旺盛な皆さんなら金太郎ストーリーの続きを知っている方も多いかもしれませんが。
 あまり知らない方のためにざっくりあらすじを。彼、金太郎のモデルは坂田金時という武者とされています。(史実はともかく逸話として)彼は足柄山で生まれ、生まれ持った大力で例のごとく熊と相撲をしていたところスカウトされ、京に上ります。その後源頼光(実在の人物で源満仲の子、摂津源氏の祖)を筆頭とする武者グループ(頼光四天王)の一員となり、大江山に棲む鬼、酒呑童子を退治します。
 以上です。まあ桃太郎などと同じく紋切型の鬼退治譚で、史実に寄っていることを除けば特におもしろみはありません。
 さてここで1つ気になったことがあります。すなわち
大江山はどこにあるの?
この疑問に対する解答として2つの説があります。
 1つは丹後説。福知山と宮津の間にある山を指すというものです。駅名にもなっていますね。
 もう1つの説は大枝山説。この山は、現在の京都市西京区の北、老ノ坂峠付近の山ですが、文献によっては大江山とも書き、なおかつ都の外れということで、古来より鬼が出るといわれてきました。京からはるか離れた丹後まで武家貴族の頼光がわざわざ出向くよりは、都に近いここの方がもっともらしいとするのがこの説の主張です。もちろん鬼が賊(山賊など)のことを指すのはいまさら言うまでもありません。
 しかし筆者は前者の説を推します。その根拠を1つあげましょう。源頼光は西暦948年に生まれ、1021年に没しました。したがって鬼退治に赴いたのは970年前後でしょう。ところで同時代に小式部内侍という人がいます。彼女は西暦999年に生まれ、1025年に亡くなったので、頼光が本当に鬼退治に出かけたのならその武勇伝を知っているはずです。また、ここが重要なのですが彼女の周囲の人もこれを知っているでしょう。つまり小式部内侍の生きた時代、大江山といえば頼光が鬼退治に出かけた山、というイメージがおそらくありました。
 そこで彼女の詠んだ有名な和歌を思い出してください。「おほえやま いくのの・・・」以下略。
 この歌は、歌合で新人の内侍をからかう某に詠みかけたことで知られていますが、今回は初句が重要です。先ほど述べた通り、大江山と言えば頼光の山、だったのですから、もし大枝山説が正しいとすると第一句と、丹後について述べているそれ以降がかみあわないようにうつるでしょう。
 ここから逆に、あの歌が名歌として違和感なく受け入れられ、あまつさえ後世の、当然頼光の逸話を知っているであろう世代の和歌集に撰ばれたということは、酒呑童子の棲む大江山は丹後にあると考えられます。
 以上長々と述べてきましたが、この主張には多くの穴があります。まず鬼(賊)退治の話が後世の創作に過ぎない可能性、そもそも頼光の知名度は当時それほど高くなかった可能性etc...
 結局この記事を通して何がいいたいのかというと、皆さん受験で忙しいとは思いますが、是非くだらないことに気をとめて欲しいということです。たとえちょっと考えればわかるようなことでも、思いがけない発展があるかもしれません。そのような発見はきっと皆さんの視野を広げてくれるでしょう。
 最後に簡単なクイズを。
静岡県函南(かんなみ)町の町名の由来はなんでしょう?
答えは下に書いておきました。

















































































クイズの答え:箱根(関・路・八里)の南
函館などの地名から容易に推測されるように、函は箱とほぼ同じです。実際箱根もかつては函根と書きました。復元された関所の門にその表記が残っています。
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)
お初にお目にかかります、一年生スタッフの青木です!

桜が咲き乱れる中東大では新入生の諸手続きなども始まり、もう自分が大学生になってから1年が経ったのだなあ、と感慨に耽っています。

そんな折ですが今回は「(東大理Ⅲ)受験番号1番あるある」というテーマで記事を書いていこうと思います。ちょうど1年前、私の受験番号は「A60001」(理Ⅲの通し番号1番)でした。東大の受験番号は、科類ごとに五十音順で決まっているようなので、私のように五十音順でかなり前の方に名前があると、受験番号も最初の方になるようです。1年に1人しか該当者が発生しないという点で非常にニッチなあるあるですが、(科類によらず)受験番号1番を狙えそうなそこの貴方や受験番号1番だったそこの貴方、参考にしてみては?

1.試験直前トイレに立つ人が多すぎて集中を乱されがち

2020年度の理Ⅲの受験会場は、本郷の赤門を入ってすぐのところにある新しい建物でした。受験番号1番は、大きな部屋の最前列のいちばん左、出入口の真ん前に席があります。休憩時間が終わった試験開始直前、試験監督の先生から試験前トイレに行く最後のチャンスというお達しがあります。そこでトイレに立つ人の多いこと多いこと...。彼らは当然私の目の前にある出入り口から列をなして出入りするため、そこで思ったより集中を乱されてしまいました。のうのうと戻ってきた彼らの顔を見て、「いや休憩時間中に済ませておけよ」と思わずにはいられませんでした。

2.リスニング、意外とよく聞こえがち

東大の合格体験記などに、よく英語のリスニングの音声がよく聞こえなかったことが書いてあります。ただ前述の通り、受験番号1番は最前列で受けることになるので、スピーカーはさほど遠くにはなく、音量も聴くのに苦労するほどではありませんでした。念のため言っておくと、私は諸先輩方の合格体験記を読んで普段からリスニングの音は小さめで練習していたので、その甲斐あって対応できたという可能性も大いにあります。普段から本番での最悪の事態を想定して練習しておくことが大切です。

3.合格発表、あまり盛り上がらないがち

通常の合格発表の楽しみ方(?)として、「合格者番号を順番に見ながら自分の受験番号があるか、抜けているかを探す」というものが挙げられます。リストに目を滑らせながらじりじりと自分の番号が近付いてくると、緊張のボルテージもどんどん上がっていきます。しかし、このやり方はこと受験番号1番には通用しません。リストの左上を見れば自分の合否が一発で分かるためです。この点において私の合格発表はとてもあっけないものになりました。どれくらいあっけなかったのかというと、合格発表直後にお祝いの電話をかけてきた担任の先生に「合格した人のテンションじゃなかった、受験番号を見間違えたのかと思った」と言わせたぐらいです。

いかがでしたか?初登場でこんな振り切った記事を書いてしまって若干(もうブログを書かせてもらえないのではないかと)恐ろしくはありますが、受験番号が前のほうの人もそうでない人も、入試の雰囲気を知ってもらう上で少しでも助けになれば幸いです。それでは、お付き合いいただきありがとうございました!
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)
3月28日(日)は、渋谷校は終日閉館いたします。
なお、御茶ノ水・大阪は通常通り開館しております。

ご理解・ご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、3月26日~4月2日の平日は10時開館20時45分閉館です。ぜひご利用ください。
(土日祝は変更なし。10時開館17時45分閉館です。)

<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
|
 1年生(新2年生)スタッフの平野です。半年ぶりのブログ執筆ですがどうぞよろしくお願いします。

 今回のテーマは「東大の昨年と今年の比較」です。コロナ禍もついに2年目を迎え、昨年とはまた様相が変わってきた東大の諸事情について、私が知っている範囲でつづりたいと思います。

1.授業(前期教養課程)
 
 上記の表のとおり、昨年のSセメスターは全面オンラインでしたが、Aセメスターには対面授業が復活し、今年のSセメスターは前セメスターの形を引き継ぎつつ対面授業を拡充する形となっています。
 今年の新入生はほとんどの新入生が週2コマ以上相当の対面授業を受ける形になるので、もちろん2019年以前と比べると限定的にはなりますがキャンパスライフを送れるのではないかと思います。特にクラス単位で実施される初修外国語の授業や、少人数で行われる初年次ゼミナールなどを通して、新入生は交友関係を築くことができるでしょう。

2.課外活動(サークル等)
 サークル活動は、昨年の3月以降一切の対面での活動が禁じられましたが、Sセメスターが終了した8月以降は申請をすれば制限つきで活動が許可されました。2021年に入り緊急事態宣言再発令時には再び対面での活動が全面的に禁止されましたが、先日の解除に伴い活動が可能となりました。新歓関連の行事は、今年も昨年と同様に完全にオンラインとなりますが、今年は昨年と違い活動場所に行けば活動をしているのでそちらを見に行くということも可能となるでしょう。
 
3.その他
 図書館は、夏から営業を再開し、規制が徐々に緩和され今では東京大学の学生なら申請なしで利用できるようになりました。学食や購買部などは、昨年秋から授業のある日の短い時間だけではありますが営業を再開しており、今セメスターも営業があるというアナウンスが先日出されていました。また、アドミニストレーション棟もすでに業務を再開しております。一方で、今でもキャンパスに入るには入構申請が必要であり、その関係か駒場キャンパスは正門以外のすべての門が昨年3月以降閉鎖されています。

おわりに
 まだまだ規制が多いですが、昨年と比べるとだいぶ状況は良くなっているように感じられます。今年の新入生の皆さんは(もうこのブログを見ていないかもしれませんが)、まだまだオンライン中心で大変だとは思いますが、ぜひ大学生活も充実したものにしていただきたいと思います。また、高校生の皆さんも、おそらく来年以降はさらに状況が好転していくと思いますので、ぜひ大学生活への希望をモチベーションに勉強に励んでいただければと思います。
| | コメント(0)
5月開講 新高1~3生対象「第Ⅱ期講座」の時間割が決定いたしましたので、お知らせいたします。
パンフレットは4月上旬完成予定です。
お申し込みの際は、必ずパンフレットをご確認の上、お申し込みください。

21第Ⅱ期時間割(御茶ノ水).pdf




※今後、時間割の変更等がある場合は、当ブログでお知らせいたします。

| | コメント(0)
«| アーカイブ |»

月別 アーカイブ

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30