2009年2月22日 19:16

東大入試間近!!汗

最近出没率が妙に高い橋本真亜子です。

今日はすでに入江君が野球を交えたブログ(最後の英文はマイナス5点 笑 )を残しているので、まあ書くこともないのですが、本番まであと3日に迫っているので、書いちゃいたいと思います。

去年の今頃、私は寝床でもがいていました。

父が持って帰って来たと思われるノロにテスト1週間前にかかり、もう何もできない状態になってしまっていました。東京に行けるかも怪しいかと思われました...3日くらい母と泣いて過ごしてましたね...「あぁ、勉強サボったせいかもなぁ、天罰や」とかいってました笑

それでも、点滴して、なんとか新幹線に乗り込み、ほとんどご飯を食べてない状況で入試に向かいました。本当は親は附いて来ない予定だったんですが、その状況では、さすがに母がくっついてきました。ホテルをツインに変えるとか、直前はバタバタ、あんまり入試の感じがない汗 でも、今思うと、逆にそれが、私の緊張を和らげていたのかもしれません。っていうか、緊張する間もない...なんというか、もう受けに来られただけで良いやぁっていう感じです。

さっき、勉強サボった、と書きましたが、マジで秋まではあんまりやってませんでした。夏の模試が両方A判だったせいか、完全なる油断です。秋の模試が壊滅したあとやばいことに気付き、ようやく一生懸命勉強をはじめました。遅すぎる。数学しか出来ないのに。そこからは、今までの勉強は勉強じゃなかった、と思うほど、切羽詰った状況になりました。地歴はかなりやばかったです。たぶん本番まで穴だらけだったんじゃないかな。それでも、何とかなると信じてひたすら苦手の社会と英語をやってました。

最後の1週間は全然勉強できない状態で、そして、それまでの勉強が十分だともいえない感じでしたが、最後の方は頑張ったし、一応やることはやったんだから、あとは自分の数学の爆発力を信じて飛び込むしかない、と腹を括って入試に臨みました。そしたら、まあ、自分としては予想通りの点数を取る事ができたみたいです。地歴はレベルは低いながら、自分の中では一番良い点でしたし。世界史のときに一瞬意識が飛びそうになりましたが...

本当に入試は何が起こるかわかりません。でも、何があっても、自分を信じて最後まで頑張る。

本来根性なしの私でも、入試の2日間は踏ん張ることができたのだから、みんなも絶対にやれると思います。

本番では、駒場の駅に居るので、文系の皆さん、是非、寄っていってくださいね♪理系の皆さんも、東進スタッフがみんないるので、パワーを吸い取ってから、教室に向かってください。

それでは、何事にも恐れずに、最後まで力を出せることを祈っています。

| | コメント(0)

コメントする