2012年8月24日 15:01

夏が過ぎ 風あざみ

はじめまして!東大特進コーススタッフの瀬越 湧人(せごえ ゆうと)と申します。文科Ⅰ類の一年生です。

軽く自己紹介します。愛媛県という片田舎でのびのび過ごしていましたが、中学受験を経て灘中学に入学することになり、下宿生活がスタート。中高時代は剣道と男声合唱、生徒会活動に明け暮れました。そして東大を受験し、今に至ります。現在『東京大学Jazz Junk Workshop』というビッグバンドジャズサークルでアルトサックスを吹いております。東大特進の校舎でお会いした際には、是非声をかけてくださいね。

 

さてさて、学校の先生や先輩、予備校などから「夏が天王山」「夏で勝負が決まる」などとさんざん脅された夏がもうすぐ終わろうとしています。みなさん、夏の手応えはいかがでしょうか?実力がついてきたという確かな感触はありますか??

 

ここで「もちろんですとも!実力ついてきました!!」と元気に返事をする人には二つのパターンがあります。

本当に実力がついている人と、勉強した気になっているだけの人。あなたはどちらでしょう。

 

夏休みは自分で自由に使える時間がたくさんあるため、ついつい勉強した気になりがちです。プリントを整理したり、自作のノートを作ることに終始していませんか?きちんと目標を立て、目標を達成できるような計画を立てましょう。どちらも中途半端であったり曖昧であったりしてはいけません。「東大に合格する」という目的を達成するために目標を細分化し、確実に積み上げていく。そうすることで慢心することなく、東大合格に向けて邁進することができます。

特に今は夏の東大模試が終わったのに結果がまだ分からないという精神的に不安定な時期ですよね。結果が返ってきていないといえども、各々自分の苦手分野やつめが甘い分野などがはっきりしてきたと思います。しっかり復習しておきましょう。そうすると結果が返ってきても「この部分はもうできるようになったから大丈夫」と判定や点数に一喜一憂しなくなります。

 

東進では、9/16(日)に第2回東大本番レベル模試を行います。その質と量は、東大入試に最も近いと自負しております。さらに、試験実施から11日後に成績表が返却されるという迅速さ!!宣伝のようになってしまいましたが、自分の実力を測るにはもってこいの模試です。まだまだ申込可能なので、奮ってご参加ください。

 

夏の模試を受験してみて、東大入試がどのようなものなのか、なんとなく概要がつかめてきたと思います。前日に何をすればよいのか、試験直前はどの参考書を読むのか、二日間の試験でどれだけ体力を消耗するのか。こういうことは身をもって体感しない限り、なかなか考えるのが難しいことでしょう。

模試は自分の学力を測るものであると同時に、入試に付随して発生するイベントを疑似体験するものなのです。 いまのうちにハサミを忘れておきましょう。そうすると次から絶対にハサミをもってくるようになります(笑)。

 

つらつらと書いてきましたが、夏に勉強したことがすぐに成績となって現れることはないということです。いつか結果が出ることを信じ、一歩一歩着実に進んでいきましょう。模試の結果に振り回されて自分を見失うなんて、ナンセンスです。合格した者勝ちなのですから。

 

さあ、9月からも気合入れて頑張りましょう!校舎で会えることを楽しみにしています!!

 

 

| | コメント(0)

コメントする