2013年5月アーカイブ

2013年5月26日 17:29

6/1のイベントについて告知

6/1の16時から東進リーダー塾御茶ノ水校にて「いまと東大をつなぐ」というイベントを行います。このイベントは3年生スタッフが中心となって行うもので、前半には各スタッフが大学でどのような専門分野を学んでいるかについて話し、後半にはスタッフと生徒が混ざった小グループにわかれ学習や大学について話し合います。
進路について迷っている人や、スタッフとコミュニケーションをとりたい人など皆さんふるってご参加ください。
| | コメント(0)

2013年5月26日 12:48

5学期スタート!

え、5学期??

と思った方いらっしゃいますか?笑

東大では1年生の夏学期から通して学期を数えるので、1年夏・冬、2年夏・冬と経ていま5学期なのです。

というわけで、3年生の菅原小莉です^^ 薬学部に進学しました!

 

5学期スタートといえどもう2か月弱経ってますね。笑

薬学部での授業は4学期(2年冬学期)から受けていますが、今年になって1番の変化は、実習がはじまったことです。午前中が授業(1コマ60分が週11コマ)、午後が毎日実習になります。

名前は実習ですが、要は学生実験です。いまは2人ペアになって、有機合成実験をしています。有名な人名反応を扱ったり、アミノ酸の1種であるフェニルアラニンの合成をしたりしました。いまは医薬品のセファロスポリンを合成しています。

高校生や駒場時代の実験は1日で終わる反応しか扱わないと思いますが、一般に医薬品合成は多段階反応になるので、学生実験でも1つの合成に1週間程度かかったりします。

今後は物理系の実験、生物系の実験と続くみたいですが、いまの有機実験が1番時間がかかるようで...カリキュラム上は6時までですが、最初のうちは7時もざらで結構つらかったです。

研究室が持ち回りで担当してくださるのですが、教授やTAの大学院生もフレンドリーな方が多くて、研究室のいろんな話をしてくれたり、相談に乗ってくださったり、普通のおしゃべりにも(少しなら)付き合ってくださいます。

 

ちなみに薬学部は東大で1番小さい学部で、学部全体でなかよしです。五月祭には3年生で焼き鳥のお店や展示企画を出したり(来て下さった方がいらしたらありがとうございます!)、

昨日は千葉県の検見川にある東大の運動場で運動会(といっても球技大会みたいなもの)をしました。3年生は学年でチームを作り、他は研究室単位になるのですが、事前に練習をしたりと結構本気です。笑

教授や先輩の、普段とはちがった一面をみれたかな~と思います。

 

薬学部3年生、とりあえずこんな生活を送っています。

講義にしろ実習にしろ、来年からの研究室生活に向けて基本的な知識や操作を勉強している段階なので、1つのテーマにしぼった話ができなくて申し訳ないですが、進路の選択肢にしていただけると嬉しいです^^

| | コメント(0)

2013年5月20日 16:45

薫風

みなさん、こんにちは。東大生スタッフをやっております、文科3類2年の小林里瑳です。

まさに、薫風香る季節ですね。徐々に汗ばむくらいに暑くなってきて、緑も日に日に濃くなって、時折吹く風が気持ち良いです。夏が近い気がして、気持ちが高揚します(夏が大好きなので)。

夏の香りがしてくるとなると......受験生の皆さんはいよいよ「天王山」を迎えますね。夏は朝から晩まで勉強に充てられる絶好の機会です。ここでどれだけ踏ん張るかが勝負、という言葉は嫌というほど聞かされているかもしれませんが、本当に大切なので何度も言います。

夏に、苦手を克服して、何を伸ばしていくか?その作戦を練るためにはまず、データが必要ですよね。現状を客観的に見せてくれる模試は、大切です。第一回東大本番レベル模試が6月9日にあるので、その結果を分析した上で夏の勉強の方針を立ててください。ぜひ。

では、6月9日の模試までにどれくらいまで詰めるか?ということを考えていくと......自ずと今やるべきことが見えてきませんか? 中だるみに陥っている人は、なるべく短期での目標、それも、○○ができるようになるとかではなく、○ページまで覚えるとか、○点とるとか、目に見える目標を立ててください。現在、東大特進では5・6月特別講座が開講されています。特進の授業も、中だるみ解消に役立つかもしれませんね。

 

さて、東大では本郷キャンパスで開催された学祭「五月祭」が終わりました。初めてお客さんとして参加したのですが、講演会や学科展示が非常に興味深かったです。特にお気に入りは建築学科の野外展示と水圏の水族館でした......。どちらも、普段大学でやっている研究が好きで好きでたまらない!という気持ちにあふれていました。柏キャンパスの一般公開にも出向いたことがあるのですが、「研究室で今やっている事」を一般の方にも見てもらえるようにする、という試み自体が素敵だと思っています。五月祭は終わってしまいましたが、柏キャンパスの一般公開はこの先あると思われる(去年の10月開催)ので、機会があれば足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

かくいう私は進振り(=進学振り分け)が目前です。自分の研究が好きで好きでたまらない!という学科・コースに恵まれるよう、日々努力です。

文科3類は他の科類に比べて、進学先の幅が広いです。文3の友人達に色々聞いたところ、文学部、教養学部、教育学部はもちろん、法学部、経済学部、さらに工学部、農学部、医学部......といった具合です。しかも、工・農・医志望は1人だけではありませんでした。理学部志望の子がいれば全部そろってしまうというくらい様々です(笑)。実際に、文系から理転した先輩のお話を伺う機会があったのですが、奮闘しながらも好きだからやっていけるとのこと。うーん、見習いたいです。

 

話があっちゃこっちゃいったもりだくさんの内容でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

 

 

| | コメント(0)

2013年5月 2日 19:36

5月になりました。

こんにちは、ブログ初投稿になります、東進ハイスクール東大特進コーススタッフの、東大理科一類2年の平山 和貴といいます。

軽く自己紹介を。灘中学からそのまま灘高校に入り、ある程度将来したいことを見据えつつも東大理科一類になんとなく入った感触が否めない、そんな感じのスタッフです。受験勉強もしつつ、傍らでは娯楽も欠かさない...、模範といえる受験生活を歩んできた覚えは、残念ながらありませんが、他のスタッフや生徒さんをある程度見てきたので、どしどし質問に来てもらえたらなと思います。

 

さて、5月になりました。ゴールデンウィークの後半が始まろうとしています。みなさん、理科や社会の学習は順調でしょうか?そろそろ本腰を入れて始めている人も多いと思います。理科や社会だけでなく、英語や数学も並行して続けるのは勿論のことで、さらに睡眠や、休憩の時間もきっちり決めて、計画立てて勉強を続けていきましょう。それで、第一回東大本番レベル模試では完成している...のはさすがにきつい(できるに越したことはないですが)と思うので、そこで一旦自分の実力を試してみましょう。ここで夏までの課題が見えてくると思います。どこが得意でどこができないか。自分の点数の傾向を見て、次の計画を立てていきましょう。今の頑張りが、後々、精神面でかなり+に働くことでしょう。

 

とはいうものの。勉強ばっかりしすぎているのはあまりよろしくないので、少し催し物の話を。2週間ほど後、東京大学の本郷キャンパスでは5/18,5/19で五月祭が開催されます。今、各サークルやクラスがいろいろ準備に動いていて、1年生の新歓がだんだん終わっていく中、徐々に五月祭モードになっていくのを大学にいてなんとなく感じています。音楽系サークルのステージや文化系サークルの各種催し、各クラスやサークルの出店など、楽しめること間違いなしなので、東京近郊の人は特に、一度本郷の方に足を運んでみてはいかがでしょうか?ちなみに、僕は、1年生のとき、(つまり去年ですが)日程を知らなくて、そのうち1日は東大特進の授業運営に来てしまいました(泣

 

まだ5月か、それとも、もう5月か。これから暑くなっていきますが、頑張っていきましょう!

 

 

 

 

| | コメント(0)