おひさしぶりです、薬学部3年の菅原小莉です。

ついに8月になりました!受験生のみなさん、勉強の進み具合はいかがですか?

東大模試をひとつの目標に勉強されている方がおおいかと思います。夏の模試では、なによりもまず、英語数学、それから国語!

みみたこでしょうが、目標点をおおまかにでも決めて、「達成するために自分に必要なこと」を着実にこなしていってください^^

夏場は屋外と室内の温度差がおおきいので、体調には気をつけて過ごしてくださいね。

 

 

さてさて、薬学部では昨日まで試験があり、土日は挟みますが連続5日間で10科目行われました。なんだか高校の試験みたいですね(笑)

なんとか乗り切って試験最終日の昨日は、4年生から研究室配属について軽い説明がありました。

薬学部では研究室が3年のおわりに決まって、4年生からは研究テーマをもらって先輩や教授から指導をうけながら研究を進めていきます。だいたいの人が修士課程には進むので、3年くらいかかるテーマになるみたいです。いまはちょうど院試休みのようで、図書館には勉強されている先輩がたくさんいます。

その後の自分の人生にかなりの影響をもつので、かなり迷う研究室決めです。各研究室には定員のようなものが一応あって、あふれた場合は...くじとか、じゃんけんとか、成績順とか。決め方は各学年の自由なのですが、今年はどうなることやら...。くじとかじゃんけんとか、かなりどきどきですよね。

まぁまだ研究室見学などの機会もあるので、じっくり考えていきたいと思います。

 

というわけで、私は今日から夏休みなわけなのですが、さっそく日曜日からフィリピンへ1か月ほど留学してきます!

語学留学なのでたいしたあれではないですが、むかしっからスピーキングは苦手なので緊張と楽しみがいりまじった感じです。

東大だとやっぱり欧米圏にいく人が多いですが、フィリピンはなんといっても安いです。授業も半分以上個人レッスンなので、話す量が多いかな、と思ったのもあります。観光地になっているきれいな海も近いみたいで、天気と友達にめぐまれればいってみたいなーなんて。

研究室に配属されると自由に長期休みはとれないらしいので、この夏休みとつぎの春休みがラストチャンス。というわけで、9月もアメリカに短期滞在(大学の体験活動プログラムです)、沖縄の友達のところへ旅行(高校の同級生がいるんです!笑)などなどもりだくさんでとても楽しみです。

よく言われることですが、理系にも英語は必須です。いま受験生の方は、大学にはいったらぜひ、余裕ある1,2年生のうちにいろんなところに行かれるといいと思います。高2生以下の方は、まだ余裕があるかと思うので、ホームステイなども検討されてはいかがでしょうか。語学ばっかりは、早いほどいいですし。

 

ではでは、みなさんが勉強をがんばっている傍ら、私も英語漬けになってきます! またそのうちご報告しますね~^^

| | コメント(0)

コメントする