2015年10月アーカイブ

2015年10月27日 17:34

息をしっかり吐ききって...。


こんにちは!!お久しぶりです、医学部医学科2年生の吉井恵理佳です。
前回は夏模試を提出してくださいということで呼びかけさせていただきましたが、その後たくさんご提出をいただきました、皆さんありがとうございます♪

もう10月も終わり...。早いなあ...。
そういえば、センターの願書提出〆切が9日でしたね。(だいぶ前ですが)
こうした手続きを一つ一つこなす度に、一歩一歩受験へと近づいているんだなあ、と実感しますよね。


皆さんの中に、センターなんて余裕だ、と思って安心しきっている人はいませんか?
そういう余裕が持てているのは素晴らしいことなのですが、センターは皆さんにとって久しぶりの"本番"です。

すこし早いですが、"本番"のことをちょっと想像してみましょう。
受験票を忘れないように家を出て、いつもとは違う電車に乗って、慣れない教室に入って、いつもとは違う椅子に座ります。周りには、知らない人がいるかもしれません。
朝に雪が降って、電車がきちんと動かないかもしれません。

皆さん、このように万全のコンディションでなくても、全てを出し切れますか?後悔のない受験をする自信はありますか?


私は、どんなノイズがあっても、その中できちんとした結果を出すこと、予定外のことにも対応できる、気にせずにいられる力、それも含めて「実力」だと思います。

小学生の時、いつもと違う塾の少し大きなテストを受けたとき、1マスが10mなのに1mで計算して大問をまるまる落とし、母にひどく叱られました。「いつもはあんな問題出ないもん」と泣きながら対抗すると、「どんなに高熱がでてしんどくても、1桁+1桁の足し算間違わへんやろ」と言われて、渋渋黙ったのを覚えています...(笑)
当時は納得していませんでしたが、母はつまりこういうことを言いたかったのでしょう。



最後に、あがってしまう人へ。少し話は変わりますが。
いつも通りにいられないとわかっているなら、普段から落ち着く練習をしましょう(^^)/オススメは、息を吐くこと...!!!なんだ普通じゃん、と思われるかもしれません。でも侮ってはいけません、息を吐くときは「副交感神経」(←リラックマとかバリィさんとかを想像してください笑)が活性化し、体の回復・リラックスモードになるんです☺簡単で効果が期待できそうですね☆
実際私も、試合中に落ち着きたいときや勉強中に気分を変えたい時、上を向いて息を吐き切ることにしています。
この方法でなくても、「集中したい!」というときにするアクションを決めておくと、その行動をするだけで身体がそんなモードになってくれるのでお薦めです。


それでは。言い訳せずにしっかり息を吐いて、落ち着いて集中して、引き続き勉強に励んでいきましょう♪
高3生の次の目標は秋模試ですね。ペースメーカーとして有効活用してください!!
最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

| | コメント(0)

2015年10月 8日 20:53

問題と真摯に向き合う事

こんにちは、東京大学法学部三年の平山です。約二か月ぶりの登場になります。

今週末は東大本番レベル模試ですね。ぜひ頑張って下さい。

さて、いきなり私事ですが、現在日本政治外交史演習(所謂ゼミですね)に所属しておりまして、戦後日清関係の研究と称して日清戦争から日露戦争にかけての戦間期の資料を読み漁っています。そこから読み取れるのは、清国から得た賠償金を元手に、軍事等で飛躍を遂げ、大国露西亜に勝利を収めた日本の姿です(過度に単純化していますがご容赦ください)

受験生の皆さんは今、いわば戦間期にいるのだと思います。つまり夏模試と秋模試の狭間ですね。だからこそ皆さんには当時の日本になっていただきたい。夏模試から搾り取れるだけ搾り取って、自らの成長につなげ、秋模試で良い成績をとる、そうすれば最終的な合格に近付くこと間違いなしです!

その上で今週末の東大本番レベル模試ですが、これは一種のメルクマールと捉えていただければいいのではないでしょうか。夏模試から自分がどれぐらい成長したのか確認し、秋模試に向けて勉強方針を微調整する、そういった機会にしていただければと思っています。

 

それでは本題です。今日は日頃質問を受けていて感じたことについて書きたいと思います。

それは問題に真摯に向き合うことの大切さです。当たり前のようですが、これが意外と難しい。私自身が不得意とするところでもあります。

例えば日本史で「国学と尊王論の関係」を問うような問題が出た場合。陥りやすいのが国学と尊王論に関する知識が頭の中で噴出してしまうパターン。例えば契沖のような人物名とか。そして結局国学と尊王論の詳述に終わってしまう。これでは知識のひけらかしでしかありません。そうではなく、この問題には両者の関係に焦点を当てるべきですよね。それは因果関係なのか。因果関係ならどの部分が原因でどの部分が結果なのか。このように考える必要があるわけです。

他には例えば「幕藩体制の内容と限界」を問われた場合。ここで幕藩体制について自分の持てる知識の全てを書き、最後に「しかし実現は困難であった」と書いただけでは、限界という問いに答えることにはならないわけです。限界と実現困難性は(厳密には異なっていても)殆ど同義と言っていいでしょう。限界という問いに真摯に答えるには、どの部分が実現困難で、それは何故実現困難なのかを考える必要があるでしょう。そこまで書いて、幕藩体制の限界を描き出すことが出来るのではないでしょうか。

結局何が問題なのでしょうか。一つ目は焦点をそらしてしまうこと。前者の例がこれに該当すると思います。特に今後知識が増えてくると書きたい事も増えてくるとは思いますが、そこは抑えて問われていることを見失わないようにしましょう。私自身、大学の試験でとにかく書き連ねる癖がなかなか抜けません(字数制限が無いので)。書き終えて読み直してみると、問と直接関係ない問題を縷々論じていて消し去りたいと思う事が多々あります(ところが法学部の試験はボールペンで書く必要があるので消せないのです)。

二つ目は問いへの答えが簡単に過ぎること。後者の例がこれに該当すると思います。狭い意味での問には答えているのでしょうが、それ以上のものを求められているような場合が多々あります。そこまで答えないと十分な解答にはならないですよね。大学の期末試験で「大久保利通政権が......」というような問題が出て、......に対して私は真面目に答えていたわけですが、よくよく考えてみると大久保利通政権とは何ぞやという問題に答えていなかったことに気がつきました。いつから大久保政権は始まったのか、とかです(大久保利通は実質的な権力者にすぎませんので)。たしかに中心的問題ではないのですが、そこを論じておかなければ自分の論述の基盤が崩れてしまうので、しまったなぁと反省していたわけです。皆さんもこのような失策を犯さぬよう気を付けてみて下さい。

以上の点に留意しながら問題に向き合うと、少しは正しい解答に近付くことが出来るのかもしれません。あくまで私の一意見にすぎませんが、一つ参考にしてみて下さい。

| | コメント(0)

2015年10月 6日 17:36

秋からの勉強

こんにちは。経済学部四年の立木です。

随分と涼しくなってきましたね。東大の本郷キャンパスも銀杏臭くなってきたところです()

東大は四学期制になったため、経済学部の授業は12月までで終わってしまいます。大学生として授業を受けるのもあと2か月ほどなのかと思うと、感慨深いです。そして来年の4月からは社会人かと思うと、正直つらいですね(


さて、私の遠い受験生時代を思い返してみると、10月は毎週通っている塾の授業と東大特進の日本史と現代文のテストゼミに追われ非常に大変だった記憶があります。

そして10月が終わると、11月は東大模試やセンター試験の模試で週末は埋まり...気づいたら12月になっていました。日々の勉強に追われている感覚があり、中長期的な目線で勉強を進められているのか非常に不安を感じる毎日でした。


10月からあっという間に時間は過ぎていきます。センター本番、受験本番までに自分がどんな勉強をすべきかを今一度確認しましょう。夏の東大模試等を見ながら自分の学力を確認し、本番はどんな点数配分で合格したいのか考え、そのためにはどのようなバランスで勉強を進めていくべきか計画を改めて立てていきましょう。

 

あっという間に時間は過ぎていきますが、これからの時期、現役生はまだまだ力を伸ばすことが出来ます。

しかし一方で、秋から冬にかけて漫然と勉強時間を増やしたとしても質の高い学習は出来ないでしょう。部活を引退するなど勉強に集中できる学生が増えていく中で、勉強時間をただ伸ばすだけでは他の受験生に追い抜かされたり、自分より上の受験生との差を広げられたりしてしまいます。 

大変だとは思いますが、秋からのスパートを頑張ってかけていきましょう!正しい努力は実を結びます。

勉強の方針が分からなくなったり、なかなか成績がのびなかったり...など、何か困った時には私たち東大特進スタッフに相談して下さいね。応援しています!


| | コメント(0)