2016年9月アーカイブ

皆さんこんにちは。東京大学法学部4年生の平山です。

今週から新学期が始まり、私はなんとか卒業すべく、必死に頑張っています。一方皆さんはなんとか入学すべく、一生懸命だと思います。夏からの成果を測るべく、来週末には東大本番レベル模試があると思いますので、今回は模試へ向けての心構え等について簡単に書こうかなと思います。あくまで4年生の戯言ですが。

 

①性格付け

この模試の性格をどう捉えるべきか。

もちろん、個々人の置かれた状況や、模試の前後において、その意味合いは変化するだろう。しかし標準的には、中間試験のようなものとして理解するのが妥当ではないだろうか。つまりこの模試は、8月の夏模試から11月の秋模試の間に、自らの状況を測る格好のメルクマールとして存在するのである。

②目的

①の理解に立つならば、自ずとこの模試を受験する目的も定まるであろう。最も大事なのは、秋模試での目標点にどれだけ及ばないかを明らかにすることである。改善点を洗い出し、秋模試までの具体的計画を立て直す。こうして軌道修正し、秋模試で良い結果を出すことが重要である。

③心構え

それならば、この模試をどのような心持で受験すれば良いのか。秋模試への道のどこに自分がいるのか分かればよいので、無理に目標点数を定める必要はない。夏模試からどれだけ成長し、晩秋までにどのような対策が必要になるのか、見極めるつもりで臨めばいいのだろう。あまりナーバスにならずに受験できると良いと思う。

 

という感じです。簡単に言うと、11月の模試はある程度完成を目指しに行くとして、その前の課題の洗い出しにこの模試を利用するのがいいのではないかと個人的に思っているということです。

最後になりましたが、1つお願いがあります。皆さん、夏模試の成績表を是非提出してください。東大特進スタッフが皆さんに学習アドバイスをする際に参考にします。ご協力お願い致します。

それでは皆さん頑張って下さいね。応援しています。

| | コメント(0)
みなさんこんにちは!
このブログでははじめまして。
理科Ⅲ類2年の関彩花です。

みなさんは新学期も始まり約1ヶ月、
シルバーウィークでほっと一息、
というところかもしれませんが、
私にとっては長―――――い休みの終わりを意味します。

なぜかというと、
昨年の12月に1年生のAセメスター(秋学期)が終わった後、
3ヶ月間の休み、
時間割がゆるゆるだった2年生のSセメスター(春学期)、
8月・9月の夏休み、
と、
9か月も休みのような毎日を過ごしてきたからです......

しかし来週から授業が始まります。
しかも教養学部の科目を駒場で受けるのではなく
医学部の専門科目を本郷で受ける予定です...

ここで少し説明しておくと、
東大の1・2年生は「教養学部」というところに所属しているのですが、
2年生の夏に「進学選択」(昨年までは「進学振り分け」でした)というのがあり、
それぞれ後期過程で進む学部が内定します。
内定したあとは駒場で残した単位の回収をする人もいますが、
各々の学部の専門科目も始まります。
(学部によりこれは本郷の場合もあれば駒場の場合もあります。)

この専門科目が(一般的には)駒場の教養の科目よりも大変だそうです...

これからいよいよ始まるぞ!と勇み立つ気持ちもあれば
やはり怖さもありますね...

受験生のみなさんも、
これから秋も深まるにつれていよいよ受験シーズン到来!
と張り切ったり、恐れたりしているかもしれませんね。

私も高校3年生のときは受験が怖くて怖くて仕方がありませんでした...
終わってみると、怖がっている暇があるなら
勉強するなり休憩するなりすればよかった、
とは思うのですが、
なかなかそうもいきませんよね。。

焦り過ぎることなく、自分のやるべきことを見極めて
一日一日を大切にしていけるといいですね~

体調を崩さずにお元気でお過ごしください!
それでは。





| | コメント(0)

2016年9月21日 13:37

東大の4年生

こんにちは、農学部4年の小原です。

みなさんはもう夏休みもとっくに終わり、返却された夏模試の復習や秋模試に向けた勉強に励んでいるころかと思いますが、実は、私はまだ夏休み中です。
学部によっても異なるのですが、農学部の授業は来週の月曜日、9月26日から始まります。
とはいえ、4年生の私には夏休みもあまり関係ありません。
今回のブログでは、大学4年生って何をしているの? と気になっている人(いないかもしれませんが......)のために、東大の4年生の生活について書いてみようと思います。

夏までは、就職する人は就活、進学する人は大学院の試験勉強をすることになります。
就活も大学院の試験も、人によって終わる時期はまちまちです。
私は大学院に進学するのですが、農学部の試験は8月にありました。
東大農学部の大学院試験は、内部進学の場合難しくないため、高校三年生のみなさんと一緒にするのも申し訳ないのですが、8月の間は私も4年ぶりに「受験生」をしていました(笑)。

夏以降の4年生の生活は、卒業論文の有無や卒業単位の取得状況によって大きく異なります。
4年生といえば卒業論文を書いているイメージですが、中には卒業論文が課されない学部(法学部など)も存在します。
この時期の4年生は大半が就職なり進学なり進路を決定しているので、卒業論文がなく卒業単位も揃っている人は、自由な時間を謳歌できることになります。
内定先の企業のインターンで忙しくしている人、興味があるけれど今までとれなかった授業を履修もしくは聴講する人、学生生活最後だからと旅行に行く人など、さまざまです。

卒業論文が課される学部の人たちは、本格的に卒業論文に取り掛かり始める時期です。
これに関しては、文理や研究内容によって異なるので、私の周りのことについて書きます。
農学部では、4年生から研究室配属となり、大学の学事歴ではなく研究室のスケジュールで動くことが多くなります。
先述のように農学部の授業開始日は9月26日なのですが、私の研究室も含め、多くの研究室では9月の頭からゼミが始まります。
私はフィールドに出て調査をするタイプの研究をしているので、この時期は調査に行ったり、フィールド調査のデータを整理したり、関連する文献を探して読んだり......という日々になります。
私の場合調査は平日にも行われるので、授業を履修できず、なおさら学事歴や夏休みが関係なくなるわけです(笑)。
だいたい11月くらいまでに必要なデータを揃え、12月には卒業論文を書き始め、1・2月が追い込みの時期になります。

卒業単位がまだ揃っていない人は、当然単位の取得に奔走する時期になります。
なおかつ卒業論文も書かなければならない人は、かなり大変になります。
遅くまで単位を残してしまった人は、周りの人が卒業論文の追い込みに入っている時期に、それと並行しつつ授業のレポートを書いたり、定期試験の勉強をしたりする......という状況になってしまいます。
みなさんにはまだ気が早いかもしれませんが、単位は計画的に取得しましょう(笑)。

だいたいこんな感じでしょうか。
4年生の生活は学部によって、人によってまちまちなので、もし気になる人がいたら、勉強の息抜きにでもぜひ4年生スタッフに聞いてみてくださいね。

これからだんだんと寒くなっていきますが、体調管理には気を付けて、がんばっていきましょう。
それでは!

| | コメント(0)

2016年9月20日 19:36

文系数学勉強会

<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
こんにちは!法学部3年の山上です。

今日は台風16号の影響ですごい雨風でしたね。

そんな台風の中、渋谷校では東大生スタッフによる「文系数学勉強会」が行われていました。
文系勉強会 表紙


東京で東大特進に通う生徒さんにはもうお馴染みかとおもいますが、東大特進コースでは定期的に東大生スタッフが自ら立案、企画したオリジナルの勉強会を無料で行っています。

その中でも今日行われた文系数学勉強会は「確率」分野の問題ばかり集めたテストゼミでした。2日間で何と(課題も合わせて)11問も確率の問題ばかり扱ったそうです。

文系の受験生が苦手とする文系数学の中でも、特に苦手としている人の多い確率を重点的にやるとだけあって、台風の中約30名もの受験生が集まってくれました。
文系数学勉強会 テスト様子


文系数学勉強会 授業様子




今回の勉強会を担当した森(文Ⅰ1年)、川島(文Ⅰ1年)、王龍(理Ⅲ1年)の3人は、うちの東大生スタッフの中でも特に受験時代に数学が得意だった人ばかりでした。
その中でも川島君はなんと「入試本番の文系数学が満点」という変態っぷりです。

そんな最強のスタッフたちのオリジナル解答解説付き、更に添削もしてもらえるということで勉強会は大盛況だったようです。

~実際に参加した人の声~(アンケートより一部抜粋)

「お金を払ってでも参加したい会だった。」

「毎週やってほしいくらいです。」

「確率のコツがわかりました!!」

「難易度が高くても参考になった。」



このような東大生スタッフによる勉強会は英語や地歴、理科など数学以外にも様々な科目で実施されます。

詳しい案内は各校舎の受付に置いてありますのでぜひ一度見てみてください!


9,10月分はまだこの文系数学勉強会が最初ですので、勉強の合間に参加してみてはいかがでしょうか!東大生のリアルな大学の話も聞けるかもしれませんよ。



以上、東大生スタッフによる勉強会の宣伝でした~。


| | コメント(0)
みなさんこんにちは!
2016年度「直前テストゼミ」の時間割が決定しましたので、ご案内いたします。
お申し込みの際は、パンフレットに記載されている時間割も必ずご確認ください。


それでは、また会場でお会いしましょう!
| | コメント(0)

2016年9月13日 13:40

秋模試にむけて

こんにちは。
東京大学工学部3年の高柳佳織です。

暑さもだいぶ和らいで過ごしやすくなってきましたね。

皆さん新学期はいかがお過ごしでしょうか。


さて、皆さんご存知の通り夏模試の返却が始まりましたね!!

いい結果を残せた人、思うような結果が出なかった人、人それぞれだと思います。


しかし夏模試はあくまで通過点。

夏模試の結果をいかにこれからの勉強に活かすかが重要です!!


まず一番やってはいけない例が、夏模試でちょっといい点数が取れて油断するパターン

ちなみに私がこれでした。


夏休みが過ぎて受験も近づいてくるにつれ周りも必死に勉強します。

そのなかで少しでも油断しようものならあっという間に抜かされます...


油断大敵、勝って兜の緒を締めよ。
です!



点数が思うように取れなかった人も、ただただ悲観するだけではなんにもなりません。

冷静に自己分析して、今後の勉強に活かしましょう。

自分の勉強方法を見直したり、点数が取れなかったところを復習したり、テストの受け方を見直したり、得られるものはたくさんあると思いますので、しっかり復習しましょう。


また、しっかり復習はしてほしいのですが、あまり模試の成績に振り回されるのも良くないでしょう。

例えば、

夏模試では英語は目標をクリアしていたけれど、数学で酷い点数をとってしまって、秋以降数学の勉強に殆どの時間を割いていた。
すると秋模試では数学は若干上がったが英語は大幅に下がってしまった...


ということになってはいけません。
あくまで総合点を最大化するんだという意識をもって、勉強に取り組みましょう!!


もっと具体的なアドバイスが欲しいな、と思った生徒の皆さん、

東大特進コースに模試の成績表を提出しましょう!!

希望に応じてスタッフが相談にのります(^^)/
答案が返されたら答案も持ってくるとより具体的な話が出来ますのでぜひ。



最後に、私自身の近況についてすこしだけ。

この夏休みは1ヶ月ほどヨーロッパに行ってきました!!
3週間ほど留学もかねてイギリスに、イギリスから移動して1週間ほどオランダに行ってきました。

はじめてのヨーロッパで、しかも女一人旅でかなり緊張したのですが、意外と何とかなりましたね(笑)

ただやっぱり英語はもっとできたらなあと思ったので、皆さん英語はしっかりやりましょう!

ほかにも2週間程インターンシップで小田原の山奥にこもってたりしました。

大学生の長い夏休みももうそろそろ終盤です。
理系の4年生の夏は研究室に配属になっていたり、大学院の試験があったりして、ゆっくりはできないそうなので、のこりも充実してすごしたいなあと思っているところです(*^_^*)



それでは、体調には気を付けて、頑張っていきましょう!!

| | コメント(0)

2016年9月11日 11:23

東大生の進路事情

こんにちは。
法学部4年の木村元気です。

このところ勉強関係の記事が続いたので、今回は東大生の進路について書いてみたいと思います。進路なんて気が早い、まずは目の前の受験で精一杯...という方もいるかもしれませんが、時にはモチベーションを高めるためにも、自分の将来像を思い描いてみるのもお勧めですよ。

僕の周りの4年生の進路には、大体3つあるように思います。民間企業への就職、官公庁への就職、そして大学院への進学です。やはり学部によって大きく異なってきますので、科類選択の参考にもしていただければと思います。もちろん、入学してから進学振り分けを利用する方法もありますが。

【民間企業】
一般的に、日系大手・ベンチャー・外資系の3カテゴリがあります。
日系の大手企業は、なんとなく皆さんも想像がつくと思います。車の会社やら銀行やら商社やら、名前も有名だしCMでもよくやっているような会社です。法学部や経済学部からは、銀行や商社が多いような気がします。理系の院卒者だと、技術者としてメーカーに行く方も多いようです。
ベンチャー企業は小規模ながら、これからの成長が見込め、また若いうちから責任ある仕事をすることができます。多数派ではないですが、わりとどの学部からも行きます。IT関連とかで多いです。
外資系企業は、おもに金融業などが多いです。高い競争率と、圧倒的な高給が特徴です。経済学部・法学部などが多いです。能力本位なので、腕一本で食べていきたい人におすすめかも。
どこの企業も、基本はエントリーシート→面接で採用されます。大学の成績はあまり関係ないです。点数さえ取れれば合格できる大学入試とは違うので、東大生には苦手な人もいるみたいです。

【官公庁】
官公庁に行くためには、まずは公務員試験を突破しなければなりません。大体の学生は、「国家総合職(いわゆるキャリア)」を受験するようです。試験の区分は法律や経済といった文系のものから、工学や農学といった理系のものまで、さまざまあります。法律区分の採用人数が多いので、やっぱり法学部から目指す方が多いです。
試験に合格しても、そのあとは官庁訪問という、民間企業でいう面接のようなプロセスがあります。公務員試験の合格は一種の資格のようなもので、そこからどこの省庁に就職できるかは、この官庁訪問で決まります。実はここが最大の難関で、外務省や財務省といった有名省庁の競争は厳しいです。どこに行くにせよ、試験を突破するだけにとどまらない広い興味と、ほぼ無給での深夜労働をも厭わない高い志(笑)が必要といえます。

【大学院】
東大は、大学院に進む率がかなり高いです。学部によりますが、理学部ではなんと9割(!)
やはり理系の専門的な知識と経験を身に付けるためには、学部の2年では足りないのかもしれませんね。大学院で2年間学んだ後は、技術者としての就職や博士課程への進学(目指せ大学教授)ということになるのだと思います。アンデス山脈に新しくできた電波望遠鏡等々について目を輝かせて語る友人を見ていると、なにかうらやましい気もします。
文系で院進者が多いのは、法学部と文学部です。法学部の院進者はほとんどが法科大学院に進んで、弁護士や検察・裁判官を目指します。少数ですが法学部の大学教授を目指して、研究を進める人もいます。これは後述の文学部と似た感じです。文学部では、より専門的な研究を進める人が多いようです。図書館で古文書やらアラビア語やらの海に囲まれて人生を送りたい...(?!)という人はいいかもしれませんね!

いろいろ書きましたが、正直いまはまだはっきりと決まっていないし、あまり考えたことがない、という方が多いのではないでしょうか。かくいう僕もそうでした。
東大は比較的、考える時間をゆっくりくれる大学だと思います。進振り制度はその最たるものですが、外部講師の講演やボランティア活動、海外留学など、進路を考えるチャンスはたくさんあります。

大学へ入り、教養学部の講義で日本という国のあり方の不思議さに気付いたこと、そして留学を通じて現在の日本の状況に危機感を持ったこと、この二つが決め手となって、僕は官公庁に進路を決めました。「日本」という国の物語を未来に紡いでいく一人でありたいと思ったからです。

みなさんが今勉強していることも、自分の人生、ひいては社会全体の未来につながっていく意味を持つはずです。秋から冬は成績が伸び悩むことも多く、苦しい時期ですが、そんな時こそ志を高く持って頑張ってください。

| | コメント(0)

2016年9月 1日 16:29

新学期

<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
こんにちは、お久しぶりです! 文学部3年の宮田です。

殆どの方が今日から新学期だと思います。夏休み、いかがでしたか?
特に高校三年生の皆さんは夏休みが終わって、また学校に通いながら受験勉強を続けていくことになります。夏休み中のように時間が沢山有るわけではないので、限られた時間の中でやりくりしていくことが必要になりますね。
というわけで、今回は9月~秋模試~センターの流れについてざっとお話したいと思います。大体数ヶ月単位だとこういう風に流れていくよ、というのを頭に置いて勉強プランを立てていくと、効率的に進めていくことが出来るのではないでしょうか。


①9月1日~夏模試結果返却(9月三週目以降、21日前後)
 まだこの時期は夏模試が返ってきていません。既に自己採点などをして明らかに間違えたところ、苦手なところが判明している方はそこを潰してもいいですし、そうでなかったら夏休み中に時間をかけてやったところの復習をしてもいいかもしれません。
 また、この時期から数学や英語は過去問に本格的に取り組んでいきたいところです。休日にまとめて一年分解いても良いですし、分割して平日に少しずつ解き進めるのも良いでしょう。「初見の問題に遭遇した時に、どういう手順で解き方を考え、段階を追って解答に到達しているか、またそれぞれの段階(数学であれば、実験→解答作成→見直し)にどれくらいの時間をかけているか」ということを意識して演習を進めると、後々試験全体の時間のプランを立てるときに大きく役立ちます。

②夏模試結果返却~秋模試
 夏模試の結果返却から10月、11月の秋模試にかけてが、特に大事な時期になります。家でも自習室でもない、試験会場という場で出してきた解答には思った以上に自分の弱点がはっきりと表れています(ケアレスミスや、勘違いなども、実に自分が「よくやる」パターンのものを犯していたりするのです)。なので、まずは返却された模試の答案と間違ったところ、間違った理由、苦手だと判明した分野、それらを精査して、丁寧に復習する事。また、現時点での実力からして確実に取れたであろうところをはっきりさせておき、次回の模試の際にどのようにすれば取れるようになるのかを明らかにしておくこと。こうした細かい作業が次の模試できっと生きてくることと思います。
 ちなみに、秋模試は夏のものに比べて、理科や地歴の難易度を明らかに上げて出してきます。英・数にある程度の目途が立ってきた方は、この時期から地歴・理科の過去問演習に取り掛かったり、学習比率を上げていきましょう。ただし、英・数にまだ不安があるかたはそちらを潰すことが先決です。秋模試終了後からは徐々にセンター試験も視野に入れていかなくてはいけず、センター用の科目(文系なら理科、理系なら社会)対策も行わなくてはなりません。正直なところ、英・数に時間を割ける時期としては最後です。この時期に苦手分野を無くし、一通りどのような問題でも方針に困らず手を動かせること、を最低目標として学習していきましょう。

③秋模試~冬休み・センター試験
 長いように見えて、9~12月はあっという間です。ここからは本格的に受験シーズンに突入していきます。勉強に加えて体調管理やメンタルの調整がやらなければならないことに入ってきて、思った以上に忙しく、大変な時期だと思いますが、「とりあえずセンター試験までに何をやっておきたいか」というのを意識しつつ一日一日を消化していくと良いかなと思います。東大受験生にとってはセンター試験は終わりの日ではありませんが、その日に一応のゴールを持っていきたいわけです。試験会場に不安なく向かえるように、過去の問題から類推してまったく問題なく点数を確保できる状態まで学力をもっていってください。


...と、長々と書いてみましたが、天王山と俗にいう夏休みを終えた後も、実はものすごく大事な時期なので、頑張って下さいね!
ちなみに細かいテクニックとしてお勧めするのが、①毎日やることを決めておく②こまめに振り返りをする です(もうやってる人も多いかもですね)。
①については私は前夜に決めた翌日の勉強プランをリスト形式で付箋に書き出して机に貼っていました。一個ずつこなすごとに線で消し、「ここまでやった!」という達成感を得ると楽しいです。
②についてはお風呂の中や寝る前の布団の上、移動中の電車などでノートをざっと見直し、やったところについて理解できているかを確認・補足等あれば赤ペンで書き込みをしていました。

最後に。「一日問題集〇〇ページ解く!」と決めてそれに結構苦しんでいる人をこのお仕事を始めてから見かけたので...。問題集を進めるペースを大まかに決めておくことは大事ですが、それに捉われると苦しいときもたまにあると思います。大事なのは自分の理解の深度なので、たまに「ここは雑に進めてしまったかも」という時はペースを落として、採点や見直しに時間をかけてみて下さい。

受験生活が終わってからもうすでに二年半以上経過してしまった私ですが、受験時代に得てよかったと思うものや、受験時代もっとこうしておけばよかったと思うものが沢山あります(特に英語はもっとやっておけば良かったです...)。今受験生の皆さんが日々を悔いなく過ごしていけるよう、自戒も込めて、このブログを書きました。お役にたてば幸いです。
また何か東大生スタッフに相談したいこと、質問したい事などあればお気軽に東大特進までご連絡くださいね!丁度秋には一年生スタッフによる勉強会も企画しています。ぜひふるってご参加ください。




<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

カテゴリ

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31