みなさんこんにちは!
このブログでははじめまして。
理科Ⅲ類2年の関彩花です。

みなさんは新学期も始まり約1ヶ月、
シルバーウィークでほっと一息、
というところかもしれませんが、
私にとっては長―――――い休みの終わりを意味します。

なぜかというと、
昨年の12月に1年生のAセメスター(秋学期)が終わった後、
3ヶ月間の休み、
時間割がゆるゆるだった2年生のSセメスター(春学期)、
8月・9月の夏休み、
と、
9か月も休みのような毎日を過ごしてきたからです......

しかし来週から授業が始まります。
しかも教養学部の科目を駒場で受けるのではなく
医学部の専門科目を本郷で受ける予定です...

ここで少し説明しておくと、
東大の1・2年生は「教養学部」というところに所属しているのですが、
2年生の夏に「進学選択」(昨年までは「進学振り分け」でした)というのがあり、
それぞれ後期過程で進む学部が内定します。
内定したあとは駒場で残した単位の回収をする人もいますが、
各々の学部の専門科目も始まります。
(学部によりこれは本郷の場合もあれば駒場の場合もあります。)

この専門科目が(一般的には)駒場の教養の科目よりも大変だそうです...

これからいよいよ始まるぞ!と勇み立つ気持ちもあれば
やはり怖さもありますね...

受験生のみなさんも、
これから秋も深まるにつれていよいよ受験シーズン到来!
と張り切ったり、恐れたりしているかもしれませんね。

私も高校3年生のときは受験が怖くて怖くて仕方がありませんでした...
終わってみると、怖がっている暇があるなら
勉強するなり休憩するなりすればよかった、
とは思うのですが、
なかなかそうもいきませんよね。。

焦り過ぎることなく、自分のやるべきことを見極めて
一日一日を大切にしていけるといいですね~

体調を崩さずにお元気でお過ごしください!
それでは。





| | コメント(0)

コメントする

カテゴリ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30