2日連続でのブログ更新となります、東大特進コーススタッフ二年の足立ですm(__)m

今日は勤務が午後からだったので午前の間は大阪を観光してきました!
具体的には日本橋の近くにある黒門市場で生ガキ蒸しカキ取れたてのウニを食べたり、道頓堀のあたりを練り歩いてたこ焼きやカレーを食べたりしていました~
「食い倒れの街、大阪」といわれるだけあって、食べ終わった後はお腹がパンパンでしたがどれもとてもおいしくて満足しています!

そろそろ本題に移りますね。
昨日に続いて私は大阪校で勤務をしているわけですが、今日は東大古文特講の授業運営をさせて頂いています。
東大古典特講を担当されているのは橋本浩正先生という方で、1997年から東大特進で授業をされているそうなんです!
1997年というと僕が生まれた年でもあるので本当に長い間東大特進で指導をされているわけです。
また、私は愛知出身ということは何回も申し上げていますが、その愛知県にある海陽学園という高校で指導をされていたということで、親近感を感じてしまいました笑(親近感なんて言うのも失礼ですが笑)

私はこの授業のノートを取っていたので最初から最後まで授業を受けていたのですが、流石もう20年程度授業をされているだけあって、授業の中でジョークを適度にちりばめつつも基礎的な部分、みんなが間違えやすい部分を丁寧にさらいつつ、テキスト中の難しい文章を読み解いていく、非常に分かりやすい授業を展開されていました。
授業で古文、漢文単独で扱うのではなく、古文漢文両方を同時に授業で扱ってくれるのも橋本先生の大きな特徴であり、かつ大きなメリットであるかもしれません。

古典が苦手な方であったり、まだ橋本先生の授業を受けたことが無いという方ぜひ一度授業を受けてみてください!もちろん、得意な方であっても橋本先生の圧倒的な知識量に心惹かれると思います!
ちなみに、より分かりやすく指導したいという先生の思いから延長することもありますのでそのあたりはご容赦ください(笑)

今日はこれぐらいにしておきます。
もしかしたら明日も更新するかもしれないのでその時は宜しくお願いします!
ではでは。
<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

コメントする

カテゴリ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30