2017年6月 7日 14:33

東大の部活・サークル

連日の登場になります。スタッフの勅使河原です。
いよいよ今週末は東大本番レベル模試ですね。
模試は今の立ち位置をはかり、今後の計画をたてるためにとっても大事なものなので
皆さん頑張ってくださいね!!
(万一お申し込みがまだという東大特進生がいたら、急いで校舎にお電話くださいね。まだ今日時点でお申し込みは受け付けています!)

さて、私は昨年度からかなりの頻度でブログに登場しているのですが、
さすがに2日連続となると何を書こうかと考えますね......(笑)。
模試のアドバイスはいくつか前の記事でしちゃったし、今日はとりあえず息抜きになるような話をしようと思います。

そう、タイトルにある通り東大の部活・サークルです。
入学後、何に入ろうか楽しみにしている受験生もきっと多いですよね(*^^*)

東大(おそらく他大学も)には大きく分けて「部活」と「サークル」が存在します。

まず部活は、「東京大学運動会」という組織の傘下にある運動部のことを言います。
こちらは高校までの運動部のイメージと近いと思います。
例えば部練は参加が基本で、先輩後輩関係が比較的しっかりとしています。
また大学を卒業するまで4年間活動するところが多いのも特徴です。
いわゆる「体育会系」なところも多いので大変なこともありますが
その代わり部の結束が強く、密度の濃い「部活生活」を送れるところが多いです。

一方サークルというのは「部活」以外の、課外活動をする団体のことです。
運動系もあれば文化系もあり、その数は東大内だけでも数えきれないほど。
代表的なものとしては、テニスサークルやオーケストラサークル、演劇サークルなどで
テニスサークル一つとっても20以上?はあると思います(数は詳しくないので間違っていたらごめんなさい)。
上記以外にも、探せばどんなジャンルのサークルでもあると言って過言ではありません。
ユニークなサークルで有名なものとしてはみかん愛好会や地理部などありますね。
特徴としては多くの場合2~3年間の活動を基本としていること、
自由度が運動部と比べて高い場合が多いことなどが挙げられます。
サークルの場合は「兼サー(=複数のサークルに所属すること)」している人も多いですね。

そんな私は何をしていたかと言うと、
去年度まで4年間、運動会のフィギュアスケート部に所属していました。
フィギュアスケート部は運動部ですが、そのなかでは自由度が高く先輩後輩の壁もあまりないので
のびのびとマイペースに滑っていました。
私含め大学初めの初心者が多く、一つ一つ技が出来るようになる度に達成感を味わえます☆
3月をもって引退し部活的にはOGになってしまいましたが
まだ学部生である身分を活かして、今でも週1回ほど滑っています。
(皆さんが受験で滑らないように、今後も皆さんの分まで滑っていきます......!(笑))

皆さんも大学で新しいことを始めようか、
高校までやってきたことを更に究めようか、なんて考えるのも
受験勉強の息抜きになって楽しいかもしれませんね♪

スタッフもそれぞれ色んな楽しい部活・サークルに入っているので
興味のある方はぜひ聞いてみてくださいね!

| | コメント(0)

コメントする

カテゴリ

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30