はじめまして!
文科二類一年の深澤です。
ブログを書くのは人生初ですね~
ということで、記念すべき初ブログは「いかにも塾の担任助手が書きそうなブログ」にしたいと思います!
先に言っておきますが、内容は薄いですm(_ _)m
将来塾で担任助手をやる時の参考にでもしてください笑
ちなみに東大生の勤め先で一番ありがちなのが塾です。


タイトル「模試を活用せよ!」  #謎の命令口調

こんにちは!東京大学一年の深澤です!  #最初は自己紹介から

一年スタッフでは三神に続いて二人目のブログですね!
彼が夏模試について書いてくれたので
僕は東大模試全般との向き合い方について書いていこうと思います!  #語尾の!、改行多め

皆さんは模試というものをどう捉えていますか?  #突然の問いかけ

「自分の実力を測る機会」だったり
「全国のライバルと勝負できる機会」だったり
人それぞれ捉え方は違うのかなと思います  #よくある意見を紹介

重要なのは
「みんなが受けるから受けとく」や「学校で受けろって言われたから受ける」ではなく
何らかの目的意識や目標を持って受けることです  #良くない意見を紹介しつつ、それを否定

具体的には、全体及び教科ごとの「目標点」を決めましょう  #具体化して分かりやすく

オススメの決め方は、目標点を「二種類」作ることです  #効果的な「」
各教科「最低限取っておきたい点」と「上手く行けば取れそうな点」の二種類用意しておくことで
どの教科で成功or失敗したのか結果が返ってきた時により明確になります!

個人的には、夏の時点で総合200点、秋で230点取れていれば順調だと思います!
もちろん、受験勉強を始めたのが遅い人はそんなに取れなくても落ち込む必要はありません  #すかさずフォロー

では本題に入りましょう  #長めの前置き
なぜ我々は模試を受けるのでしょうか?  #本質的な問い
家や自習室で時間を計って過去問をやるのではだめなのでしょうか?  #否定疑問で畳み掛ける

我々が模試を受けるのは、本番の予行演習をしておきたいからにほかありません  #当たり前
一発勝負の緊張感は普段味わえませんし、見知らぬ受験生(中には年配の方もいます)が隣にいて集中しにくいなんて人もいるでしょう

そこで一つ訊きたいのが
模試前の準備や昼休みの過ごし方まで本番を意識してできていますか?
ということです  #これが本当の問い

自分の今持てる最大限の力を出すためにどう準備すればいいか
今のうちから考えておきましょう

直前に見直せるようなノートを作るであったり
眠くならないように昼ごはんはウィダーinゼリーとサンドイッチで済ませるであったり
細かいところまで気を使っておくのが「プロの受験生」です  #再び効果的な「」

成績表が返ってきた時
自分に「~のせいで実力を出し切れなかった」等のつまらない言い訳をさせないように
万全の態勢で模試に臨みましょう!  #ココ重要!

#最後に誰かの名言を入れておくとベター

最後までお付き合いくださりありがとうございます。
次回からは、有用な情報を真面目にお伝えできたらと考えております。
| | コメント(0)

コメントする

カテゴリ

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31