2017年8月31日 19:52

1年生のSセメスター

みなさん、こんにちは!

この前、ブログ初登場だった、文科Ⅰ類1年 森谷美祐ですが、なんと続けての登場となってしまいました!

またお前かよ、と言わずに読んでいただけると嬉しいです!(^^)!

 

今回は、今年の4月に入学した私の、夏休みまでの4か月(つまり1年Sセメスターですね)の授業を振り返ってみようと思います。

読みながら入学後をイメージしてもらえると嬉しいです。

 

今年の授業は、4/5から始まりました。入学式は毎年4/12なので、入学式より先に授業がはじまります...(笑) 不思議な感じですよね。

私の大学での初授業は、法Ⅰという授業でした。文科Ⅰ類の一年生はほぼ全員受講する授業です。大教室で何百人もの学生を前に、教授がマイクを使って行なう授業で、大学生になったんだなぁ、としみじみ感じたのを覚えています。

 

今回のSセメスターで一番つらかった授業は何かというと、それはぶっちぎりでALESAでした。

ALESAってなんだよ、と思ったそこのあなた。簡単に説明すると、

英語の文献を主に用いて、英語をはなす外国人の先生の指導のもと、英語で自分で論文を書く授業、です。

(ALESAは文系生のみで、理系生にはALESSという授業があります。英語で自分で論文を書く、という点では共通しています。文理共に必修です。)

帰国子女ではないうえに、英語の文章を書くのは東大の英作文がやっとの私には、キツイ授業でした。(英語は苦手だというみなさん、入学後もこういったかたちで英語力は求められるので、今のうちに努力しておくべきだと言えます)

さらに、ALESAは、授業自体の出席、毎週の課題の提出状況、授業態度を非常に重視するので、その面でも精神的につらかったです。

もし、今回ALESAの単位がとれなかった場合は、来年、2年生になってから、1年生にまざってもう一度ALESAを受講しなくてはなりません。文系の2年生は、必要な単位をほとんど取り終えて、Sセメスターは自由に時間を使っている人も多いので、なかなかつらいことになります。

ちなみに、私は、SセメスターにALESAを受講しましたが、クラスによっては1年Aセメスター(夏休み後から年度末の学期ですね)の人もいます。

 

つらい授業の事ばかり書いてきてしまいました。楽しかった、好きだった授業は何かというと、心理Ⅰです。

こちらは選択授業でした。先生が毎回、心理学的な実験のビデオを見せてくださったり、時にはスマホを用いて、授業中にその場の教室にいる学生が参加して実験をしたり、となかなか面白かったです。

心理学の歴史から、心理学とはなにか、有名な学説等を紹介してくださる導入的な授業で、非常に興味深かったです(その割にテストの出来がよくなかった気もしますが...汗)

 

ちなみに、週何コマくらい授業があるかというと、上限で15コマ(TLP生は18コマ)までとれます。

1年Sセメスターは、必修の授業も多いので、14~15コマ取っているの人が多いですね。

 

少しは、入学後のイメージが湧いたでしょうか...?

まだまだここに書き切れなかったこともあるので、東大での生活を知りたいなぁと思った人は、ぜひ、スタッフに話しかけてみてください!

受験勉強辛いことも多いかと思いますが、東大生になった自分をイメージしつつ、頑張ってもらえればと思います。

ではまた。

 

 

 

| | コメント(0)

コメントする

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31