2017年9月 4日 19:21

馬術部へのいざない

こんにちは!法学部4年の永沢はなです。
いよいよ3日間の大阪勤務も最終日になりました。
「やまもと」は今日のお昼に無事食べることができました!美味しかったです!

さて、今日は伊藤さんに続いて、私も運動会ライフについて書こうと思います。

みなさん、東大に「馬術部」があるのを知っていますか?なにそれ、ウマ??と思う人も多いかもしれません。そうです、馬です。馬に乗る、馬術部です。私は6月末の関東大会で引退するまで、4年間馬術部に所属していました。運動会のなかでも一風変わった馬術部生活を少しだけご紹介します。

・なぜ馬術部に入ったか
もともと馬が好きでした!乗ってみれば分かります、馬のすばらしさ。

・馬術部に入って得たもの
馬との幸せな時間
非日常空間
戦友たる部員
第二の家みたいな部室
人脈
いろいろなものへの耐性、それから日焼け

・馬術部に入って失ったもの
キラキラキャンパスライフ
いろいろなものへの抵抗感
※意外と単位は失いません。

もちろん、馬術部に入っていなければ全く違う大学生活になったでしょう。私も、朝5時に家を出て厩舎に向かうとき、「なぜこんなことをしているんだっけ」と思うことが何度もありました。けれども、やっぱり馬のいる生活はとても楽しく、4年間やり通すことができました。

部活は「大学生のうちにしかできないこと」のひとつで、しかも「1年生の4月からでないとはじめづらいこと」でもあります。大学1年生の4月は、アルバイト、サークル、インターン・・・など、やりたいことがたくさんあってなかなか運動会に入る決断をするのは大変だと思いますが、是非運動会(というか馬術部)に入ってほしいなあと思います。

やりたいことがたくさんあっても、意外と覚悟があればなんでも部活と両立できるものです。私も1年生のとき週6回馬に乗りながら週3~4回東大特進のアルバイトをしているときもありましたし、「インターンがしてみたい」という夢は卒部後に叶えることができました。

昨日のブログ記事と同様、「だめかどうかはやってみないと分からない」ですね!

では、東大馬術部への入部、お待ちしております!笑


<script> function gce(EventLabel) { dataLayer.push({'event':'gtmClickEvent', 'EventLabel':EventLabel}); } </script>
| | コメント(0)

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30