2017年11月10日 16:45

駒場祭!

こんにちは!昨日の井之上さんの記事を見て、これから続く「砂漠」生活に少し希望が見えた(笑)、文科一類(→法学部)2年の若林です。

意外と久々のブログになりますね。

 

さて、今日は何について書きましょうか。せっかくなので、もうあと2週間ほどに迫ってきた、駒場祭について書こうと思います。

 

ご存知だとは思いますが、念のため。駒場祭は、東京大学駒場キャンパスで行われる文化祭の事で、サークル、部活、クラスが様々な出し物をしています。アカデミックな雰囲気も漂う5月祭に比べると、よりお祭り感が漂うものになっている点も特筆されます。

 

さて、そんな駒場祭ですが、僕は今年で3回目になるんですよね。高3の時に少し訪問したのを最初に、大学1年、そして今年、といった具合です。

高3の時は、駒場キャンパスに初めて来たこと、誰ひとり知っている人がいなかったこと(当たり前といえば当たり前ですが...笑)からなかなかうまく回ることが出来ませんでしたし、また、担当のスタッフだった方以外の東大生と話すのも初めてで、たかが食べ物を買うことすら緊張して遠慮してしまう始末でした。それでも、いろいろなところを見て周ることができ、改めて、東大に入ろうという決意が強固なものになりました。

余談ですが、この日の夜僕は初めて東大特進の渋谷校に行ったんですよね。勤務していたスタッフの方がとても綺麗でびっくりしたのを鮮明に覚えています(笑)

 

そして、去年。去年の駒場祭は高3の「お客さん」とはうってかわって、クラスやサークルの出し物の仕事に大忙しでした。そのため、駒場祭の企画を見て回る、ということはほとんどできませんでした。しかしそれでも、通りを歩いている時に、授業で仲良くなった人、サークルが同じ人、もちろん特進スタッフの同期、らに声をかけられ、そしてそのクラスの食べ物を買ったり、というのはとても楽しいものでありました。

また、担当させてもらっていた生徒さんが僕を見つけてくれて、声をかけてくれたりもしました。非常にうれしかったので、今年駒場祭に居てみようと思っている方は、1年生スタッフ(もちろんわかれば2年生以上のスタッフにも)に声をかけてあげてくださいね!

 

さて、今年。今年は去年とまたうってかわって、「お客さん」要素の強い駒場祭になりそうです。クラスでの出し物は大抵の場合1年生までですし、サークルの仕事も1年生が主体でやってくれます。あるものといえば、僕が所属するお笑いサークル「笑論法」のライブへの出演くらいです。(後述)

ですので今年は、ゆったり駒場祭を見て回れたらいいなあと考えています。高3の時のような不慣れさもなく、大学1年の時のような忙しさもない、ある意味見るには絶好の機会ともいえる今年の駒場祭を楽しみたいですね。

 

さて、延々と自分の事ばかり書いて来てしまいましたが、皆さんもぜひ、時間に少しでも余裕があれば、駒場祭をのぞいてみるといいですよ!

おそらくは高3の僕と同じようになってしまう方もいるでしょうが、それでも楽しいですし、より行きたい、という思いが強まるのは間違いなしです。

そして!もし見に来られる方がいらっしゃれば、是非次の時間帯にご来場なさることをおすすめします!

 

24日 11:35-12:45

25日 17:00-18:00

26日 11:00-11:50

 

勘のいい皆さんはすぐお分かりだと思いますが、全て、笑論法のライブの時間帯です。もちろんこれ以外の時間にお越しになっても楽しいのは間違いありませんが、折角のお祭りです。笑いましょう。

ということで、ぜひ来てくださいね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

| | コメント(0)

コメントする

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30