2018年2月13日 20:15

入試までの体調管理

こんばんは!理科三類1年の礒田杏実です。
ブログ初登場です。プライベートでもブログを書いたことはないのでちょっと緊張していますが、読んでいただけるとうれしいです!


二次試験まで残り2週間ほどですね。
受験生の皆さんは過去問を解いたり、苦手分野の復習をしたり熱心に勉強されていることだろうと思います。
しかし、これからの時期、一番大切なのは体調管理です。私は中学受験の時直前にインフルエンザにかかり、すごく怖い思いをしました。なんとか当日までに治すことができたので良かったのですが、それ以来大事な試験の前には人一倍体調に敏感になってしまいました。
今年は例年より寒いですし、インフルエンザも流行っているみたいなので心配です。


ということで今回は入試本番に向けた体調管理について、いくつか紹介したいと思います。


・ウイルスをなるべく体内にとりこまない
電車の中ではマスクをする、こまめに手洗いうがいをする、なるべく外出をしない・・・などいろいろ考えられます。この観点だけから考えると家に引きこもるのが一番なのでしょうが、自習室で勉強するのが一番集中できるという人も多いと思います。自習室も密室で空気が悪くなっていそうなので、マスクをしたり、食事の前だけでも手を洗ったりすると効果がありそうです。


・きちんと食事をとる
特に家の外で勉強している人は食事がおろそかになりがちだと思いますが、食事は健康のもとです。フランス料理のフルコースを食べる等でなければ、ご飯を食べる時間を短縮してもさほど勉強時間は変わらないのできちんと食べましょう。

・生ものを控える
ノロウイルスなどにかからないためにも生ものは食べない方が好ましいでしょう。お刺身が大好きな人は入試が終わってから飽きるほど食べて下さい。

・部屋の湿度を保つ
関東以外からの受験者はホテルなどに泊まって受験を迎えることになると思いますが、ホテルは乾燥しがちです。ロビーに頼めば加湿器を貸してもらえるところもありますし、バスタオルを濡らして部屋に掛けたりしてもいいでしょう。乾燥すると風邪をひきやすくなるので気をつけてくださいね。

・前日寝られなくても起きて勉強したりしない
最近電話でお話した生徒さん数人に入試前日の睡眠について聞かれました。入試前日は緊張のあまりなかなか寝付けないというひともいると思います。次の日頭が働かなかったらどうしよう、もうこんな時間だ早く寝なくては・・・と焦ってしまったり、時間を有効活用しようと勉強を始めたりすると余計に寝付けなくなりますし、体も疲れます。眠れなくても案外次の日頭は動くものなので、体を休めるつもりでぼーっとしているのがいいのではないかと思います。


読んでいただいてありがとうございました!
時間の制約であまりたくさん書けなくてすみません・・・。この中の一つでも役に立てば嬉しいです。
皆さんが入試本番、自分の実力を出しきることができるようお祈りしています。皆さんに素敵な春が来ますように。


| | コメント(0)

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28