2018年4月29日 11:06

学部に進学しました

こんにちは、農学部獣医学課程3年の市川です。最近急に暑くなりましたね。実習で白衣を着るのが億劫です(笑)

最近2年生スタッフが大学生活に関する記事を書いているみたいなので、今回は3年生がどんな感じの生活をしているのか紹介しようと思います。どうしても理系に偏ってしまいますがご容赦下さい。

東大には進学選択というシステムがあることをご存知の方も多いと思います。ご存知ない方のために簡単に説明すると、1年生と2年生前期までの成績をもとに自分の行きたい学部を選択するというシステムです。2年後期までは進学内定という扱いでしたが、今年の4月から正式に進学したという扱いになりました。どうして2年後期までは内定という扱いか、詳しくは述べませんが、簡単に説明すると必修などの単位が足りない人がもう一度1年生をやらなきゃいけないからなんですね。大学の単位だの進学だのの話は割と複雑なので気になる人は特進スタッフに聞いてみてください。

こうして無事に学部に進学すると、より実践的な授業がスタートします。医学部では解剖実習が始まったり、工学部では自分でプログラミングを作ったりします。薬学部や理学部では遅い時間まで実験があって大変との声を聞きました。大体どの学部も週15~20コマくらいでしょうか。こうしてみると去年の2年生のこの時期に比べてかなり忙しくなります。その反面、より専門的なことを学べるので楽しいこともあります。それに加え座学ではなく自分の手で学ぶので、大変かもしれませんが退屈はしないし学べることは多いと思います。

ちなみに獣医学科は午前は座学で主に生体機能的なことを学び、午後は実習です。実習は現時点では、組織の観察とマウスを使った実験です。実験はどうしてもマウスをいじめているようで可哀想な気もしますが、やはり座学よりも学べることは多いです。

やはり3年生になって忙しくなったと感じますが、自分のやりたい分野を勉強しているので充実もしているように思います。入学後、どの分野を勉強したいか考えてみるのもモチベーションに繋がるかもしれません。学部の生活について気になることがあればまたぜひ気軽に声をかけてくださいね。

では、また。

| | コメント(0)

コメントする

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30