2018年8月 7日 13:57

高校時代の友達は大切です

こんにちは。薬学部5年の住田です。
皆さん夏休みはいかがお過ごしですか。

私は、半年間の実習もやっと終わり、研究室に通いつつも旅行・インターン・アルバイトとあっちこっち忙しく楽しい毎日です。

先日、高校時代の友人と北海道に行ってきました。
人生で初めての北海道は、とても涼しくて過ごしやすく、美味しいものをたくさん食べられました。
北海道大学のキャンパスの広さは圧巻で、かなり強い憧れの気持ちを持ちました。
大学の中に川が流れていたり(東大にも池はありますが(笑))、レストランがあったり、可愛らしい建物があったり...芝生の中を颯爽と自転車で走る学生さんも印象的でした。
とても大きな札幌駅のすぐ近くに、あれほど自然豊かなキャンパスがあるのは北海道ならではかなと思いました。

大学に入ってずいぶん経っても、やはり高校時代の友達はありがたいなと思っています。
自分と全く違う進路に進んだ友達の話は刺激になりますし、例えば同じ学部でも異なる大学の友達と情報共有することが役に立ったり、自分の立場を客観視できたりします。
私は千葉県に住んでいるのですが、毎日東京に通っているとやはり疲れます...。
千葉で地元の友達と遊ぶと、早く家に帰れるのも嬉しいポイントです(笑)。

地方の大学に進んだ友人の家に泊めてもらって旅行をすることもあります。
すっかりその土地に詳しくなった友人に街を案内してもらえますし、お泊りならではの話もたくさんできます。

大学院入試で他大を受験することになり、学部でその大学に行った友達に話を聞く、といった人もいますし、高校時代の友人に助けてもらえることは多いです。
それに、なによりも、気の置けない存在の友達といると幸せですよね。

皆さんにも今きっと、クラスメイトや部活の仲間といった友人が多くいることと思います。
これから先もぜひ、良い関係を続けてくださいね。
もちろん、大学での数えきれない出会いにも期待して下さいね!

暑い毎日ですが、体調を崩さないように~!頑張っていきましょう。
| | コメント(0)

コメントする

月別 アーカイブ

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31